アーカイブ

Posts Tagged ‘書き起こし’

5.27 福島県二本松市 三保市長のインタビュー (全文書き起こし)

このポストのショートURL: http://wp.me/p1ud3J-1BN
関連ポスト: 【アーカイブ】福島県への放射能汚染経緯
日本全国・食の放射線、公衆被ばく、被ばく防護、ワーキングGP、被災された方サポート情報 ⇒ こちら
福島第一原発事故 状況分析ヘルパー ⇒ こちら

このような首長さんトップにもつ二本松市民は本当に幸運な方々だと私は思います。だから、きちんと、三保市長の言葉をスクリプトにして残すべきだと思いましたし、また音声を聞くことが出来ない方にも、お伝えできればと考え、これを書き起こしました。by tourkaba3

  • 二本松市の三保恵一市長は、5月27日、OurPlanetTVのインタビューに答え、独自にホールボディカウンターを利用した内部被曝検査を行うことを明らかにした。
  • 今回ホールボディカウンターで内部被曝調査を行うのは、二本松市内の妊婦や子ども、屋外での作業時間が長い農家や建設業の人など。これまで国に内部被曝調査をするよう要請­してきたが、国が取り組む予定がないことから、まずは20人に限定して、独自に調査をすることにしたという。
  • 検査する人の選定や、公表の方法などが調整でき次第、早ければ今月中に検査を実施する方針だ。
  • 福島県立医科大学のホールボディカウンターは利用できないため、県外の医療機関と提携する。
  • 三保恵一市長は、「内部被曝がないというのを願っている」としながらも、結果によっては、子どもを含めた市民の避難についても検討すると明言した。
  • 福島県放射線リスクアドバイザーの長崎大学・山下氏の講演については、放射線防護については、国のいうことを守るのが国民の義務というような精神論ではなく、国民に真実を話すことが最も重要であると苦言を呈した。

 – – – – -(三保市長のインタビュー全文書き起こし) – – – – –

続きを読む…

京都大学原子炉実験所 小出裕章氏に聞く 5/12、1号機 空焚き核燃料棒・全溶融、人類未体験ゾーンへ(書き起こし)

神保さんによる小出先生への緊急インタビューです。プライオリティが高い問題なので何はともあれ急ぎ書き起こしました。ラスト5分の神保さんまとめ解説部分の書き起こしのみが未完です。時間的な問題で小出先生とのスクリプト部分を優先させてますので、ドラフト扱いでお願いします。残りの部分は近くアップいたします。それから、要点まとめ、ナンバリング、文書校正もすべてまとめて後ほどいたします。また素人ですので多少の違いについてもご容赦ください。

–  – – – – – – – – – – – – – – – – –  – – – – – – – – –
・ジャーナリスト : ビデオニュース・ドットコム  神保哲生氏
・取材相手    :  京大原子炉実験所 助教 小出裕章氏
・動画タイトル      : 「臨時スペシャルリポート] 空焚き1号機は溶融した核燃料が圧力容器の外に小出裕章・京都大学原子炉実験所助教に聞く
・動画URL:    http://www.videonews.com/special-report/031040/001873.php
・録画時間     :18分
・動画アップロード日    :  2011年5月12日
・聞き起こし    : by tourkaba3
・記録方法     : 対話形式、ナンバリング ⇒ 後ほど

≪インタビュー内容≫
.12日東京電力が明らかにした、核燃料棒の大半が溶け落ちて原子炉の底に穴が開き大量の水が漏れ出ているという緊急事態
2.文科省の対応、福島県内学校の校庭の土処理

≪補足情報≫
◆このポストのショートURL : http://wp.me/p1ud3J-UL です。
◆福島第一の炉のイメージをする際にこちらのツールが便利だと思います。⇒ ツール ※ちなみにこれも神保さんのtweetからの得たものです。ほんとに神保さんはすばらしいです。

– – – – – – 神保さん前説部分 - – – – –

〇神保さん:

本日福島第一原子力発電所の一号機がですね、核燃料が完全に露出している。つまり、原子炉の圧力容器の中に水が全く入っていないとういことがわかったということが、東京電力から発表になりました。これは重大な発表だと思います。なぜならこれまでは一号機もこれまでは70%、55%と数字が途中で変わったりしましたが、一定の量の水が入っていて、それで冷やせているという前提で、これまで原子炉の状況がどうなっているのかと、我われは判断してきたのですが、どうもその根底が崩れた。燃料は既に溶けているということが分かったということです。そこで今日は京都大学の原子炉実験所の小出先生に後で電話を繋いで、この状況をどう理解したらいいのかというのを聞いて見たいと思うのですが、簡単なお浚いですね。簡単なお浚いというのはして置きたいと思います。

続きを読む…

【小出先生Script書き起こし】 5/2ラジオ出演 12日のベント失敗で「著い公衆被ばくの可能性」=政府パニック恐れ公表せず

ラジオ番組: 関西・MBS(毎日放送)ラジオたね蒔きジャーナルに、京大原子炉実験所 助教 小出裕章氏出演   **書き起こし**

=== 多少の違いはご容赦願います ===
・オリジナルの動画リンク: 【福島原発】5/3/火★今?5000枚のシミュレーション結果公開
・動画オーナー  : nyugankenshin さん
・録画時間     : 約10分
・聞き起こし    : by tourkaba3
・記録方法      : 対話形式をそのまま記録

≪論点≫
地震の翌日12日、1号機のベント失敗による著しい公衆被曝の可能性を予測しながらも政府は国民に公表せず。
スピーディー(SPEEDI)放射性物質の予測情報の公開が遅くなったのは、国民のパニックを恐れたためと政府。 (※注①) 
●日本中の原子力発電所でベントが取り付けられたのは2000年過ぎで、スリーマイル事故から約20年後。それまで政府はベント必要無しとして来た。
●全所停電事故が起きれば、短時間に格納容器が壊れるということは専門家はみな理解していた。 (※注②)  続きを読む…

被ばくの基礎知識(2)生活の中での必要な知識

医師・菅谷氏のインタビューから学ぶ試しみ  **まずは動画1/2の分だけ**

松本市長 菅谷昭氏 2011/3/22 定例記者会見 内部被爆に関するコメント 1/2 8分
松本市長 菅谷昭氏 2011/3/22 定例記者会見 内部被爆に関するコメント 2/2 6分
●菅谷 昭(すげのや あきら )氏は、現松本市長(13代)。医師、信州大学医学部卒。菅谷氏のチェルノブイリの5年半の医療活動の経験を踏まえてのインタビューから学ぶ被曝防護策。このインタビューは3月22日に定例記者会見で行われたもの。
●動画からの書き起こし: by tourkaba3
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

このインタビューから学べることを、ポイント(=論点)としてまとめた。一個いっこの項目についての考察は(※注)と記した中に、参照したリンクや注意ポイントを直接書き込むこととする。

     ≪論点≫
1.核の事故への危機管理
2.避難地域の指定について
3.予防投与とは内部被ばくの為のもの
4.内部被ばくの3つの経路
5.放射性核種の半減期
6.放射性物質の食品暫定基準
7.晩発性癌の発症は、5年10年後
8.汚染した食物摂取を控えることは風評ではなく事実として
9.予防投与の適時タイミング
10.国際社会と連携しての原発事故危機回避
11.放射性物質の土壌汚染の広がり方
12.外部被ばくと内部被ばくの違い
14.生物体系の食物連鎖とは
15.行政措置の前提基準の誤りによる癌発症リスクの責任
****2/2は近日中に****

– – – – –  ここから – – – – – –
〇報道記者 :

市民タイムスの宮沢です。東京電力の福島第一原子力発電所の事故に起因するですね、放射能汚染というのか、ほうれん草であるとか、くき菜であるとか、そういった物を出荷停止というなかたちの報道だったと思うんですけど、そういった事も現実的に起きてきて、確か市長が以前お話になっていた、土壌汚染というのが、現実的なものとなってきたんですが。実際にですね、果たしてその内部被ばくというようなことを市長は仰ってたんですけれど、そういったものをですね、果たして食べても安全なのかどうなのかという事が心配になってくるんですけれども、市長の色々チェルノブイリで支援活動をされた経験からですね、その辺のご見解をもう一度お伺いできればいいなと思ってたのですが。 続きを読む…

【小出先生Script書き起こし】 4/28ラジオ出演 汚染水処理、政府はもっと実現可能な対策を

=== 多少の違いはご容赦願います ===
ラジオ番組: 関西・MBS(毎日放送)ラジオたね蒔きジャーナルに、京大原子炉実験所 助教 小出裕章氏出演  **書き起こし**
・オリジナルの動画リンク:
【福島原発】4/28/木★1.一刻も早く汚染水の処理を 2.汚染物の墓場 1/2
【福島原発】4/28/木★1.一刻も早く汚染水の処理を 2.汚染物の墓場 2/2
・動画オーナー  : LunaticEclipseJapan7さん
・録画時間     : 8分と6分
・聞き起こし    : by tourkaba3
・記録方法      : 対話形式をそのまま記録

≪フォーカス≫
・政府構想 ①汚染水処理・原子炉格納容器の地下に巨大なプールなど作る猶予はあるのか?②水棺は実現可能か?なぜなら格納容器は既にいくつも破損の兆候を示している。
・福島県内小学校の放射性物質を含む土壌処理をめぐる問題点。
・厚労省が特例措置・福島作業員の年50ミリシーベルト上限撤廃。
・台風シーズン到来、福島原発復旧への影響は?
・4/27東電が公表した新たな「キュリウム」という物質とは何か?
続きを読む…

H23.04.26 吉井議員(共産)、福島原発事故の原因は津波による内部電源の喪失だけではなく、地震で外部電源も破壊されたから **書き起こし**

***最終更新日 4/28 ***
国会議事録、2011年4月26日 衆議院予算委員会集中審議 **国会答弁書き起こし**
質問者: 日本共産党・吉井英勝議員
聞き起こし: by tourkaba3
=== 素人ですので多少の違いはご容赦願います ===

<論点>
1.以前より指摘されてきた原子力発電所のシビアアクシデントに対する今日までの政府安全対策対応について
2.福島第一原発・全電源喪失事故発生後の政府の対応
3.原発事故終息を図る上での法律に基づく政府の対応
4.原発被害者賠償、国民負担による東電救済は筋違い

※Comment:  さらに問題の全容を掴みたい方は、「京都大学原子炉実験所 小出裕章氏に聞く 4/10 (全文聞き起こし)」と合わせてご一読いただくことをお勧めします。
続きを読む…

H23.04.25 舛添議員、福島作業員・造血幹細胞事前採取の決断を求める **書き起こし**

国会議事録 **書き起こし**
2011年4月25日 参議院予算委員会集中審議
質問者: 新党改革・舛添要一議員

– – – – 以下オンラインニュースより一部連載- – – –
造血幹細胞の事前採取、菅首相は「不要」
ソース元: http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp0-20110425-766468.html
菅直人首相は25日の参院予算委員会で福島第1原発で働く作業員が大量被ばくした場合に移植するため、本人の造血幹細胞を事前に採取、保存すべきだと新党改革の舛添要一代表が求めたのに対し、不要との認識を示した。
– – – – 転載ここまで- – – –

– – – ここから- – –
〇[001]舛添議員: 現場作業員らの安全確保について総理にお伺いいたします。本当に現場は命がけの仕事をなさっている。食べる物ももない、寝るところもない。そういう中でですね、万が一大量被曝があった場合、彼らの命を救わないといけません。今、自分の「造血幹細胞」を事前に採取して凍結して置おけば、万が一のときに命が助かる可能性があるわけです。私はこれは是非やるべきだと思います。虎ノ門病院では既にその体制を整っている。そして、また全国の関連学会も107あありますが、そのお施設が協力表明しておりますし、ヨーロッパの学会も、何とか協力しようと。ただ今のところ政府の見解は、そんなものは必要ではないと。そういうことなのですが、現場で苦労して命が計で働いている作業員、どうかこの人達の命、救うためにもご決断を頂きたい。  続きを読む…