アーカイブ

Posts Tagged ‘御用専門家’

H23.04.15 赤松議員(公明): 福島県放射線リスク管理アドバイザー山下俊一長崎大学教授に対して積極的に評価する立場からの問い

国会会議録:  177-衆-外務委員会-6号 平成23年04月15日
質問者:  公明党・赤松正雄議員

〇赤松(正)委員 公明党の赤松正雄でございます。
松本大臣、私、一昨日質問をいたしました。その際に、いまだに腑に落ちない、大臣とのやりとりの中で、通常の松本大臣らしからぬというか、非常に不親切な私に対する答弁をされたという思いを持っています。今、小野寺委員のやりとりの中では非常に丁寧に説明をされた。私の質問技術の下手さかげんだろうと思っていますけれども、一昨日、私は、レベル7、同時にチェルノブイリ級、数字としてのレベル7、そして放射線の排出の量というのはチェルノブイリのときの十分の一、これは普通の人が聞くとわかりづらいじゃないかということを申し上げました。外国に向けてどう発信するのか、本当に、ある意味、微に入り細にわたり説明しないと、さっき小野寺委員が言っていた、要するに、外国に誤ったメッセージを伝えてしまいますよということを申し上げました。
あのとき、大臣の答弁を正確に覚えているわけじゃありませんが、私の疑問そのものがよくわからないというふうなことを言われて、要するに、レベルは7以上はないんだから云々ということを言われたんですよ。十分の一なんだからと。
それで、私は腑に落ちないという思いで、昨日、公明党は原子力の対策本部に山下俊一という長崎大学の医学部大学院教授、この人は、御存じかもしれませんけれども、長崎における放射線の健康リスク、こういった部分について長年研究をしてこられている人で、約二十年、チェルノブイリにも百回を超えるほどの訪問をされて、現地としっかりタイアップした形でチェルノブイリ事故の現地研究を進めてきて、今回も福島県そして福島県立医科大学からの招請を受けて、現地で住民に対して懸命の説明、正確なる理解をみんなに与えよう、正しく認識して恐れよということを言っているんだというお話を聞かせていただきました。

続きを読む…

H23.04.27 河井克行議員(自民): 福島県放射線リスク管理アドバイザー山下俊一長崎大学教授の講演内容を問う(Negative)

国会会議録:177-衆-文部科学委員会-8号 平成23年04月27日
質問者:自由民主党・河井克行議員

.
〇河井委員 自由民主党の河井克行です。
私も、今回の福島第一原子力発電所の一連の事故への政府の対応について、文部科学省を中心として質問をさせていただきたいと存じます。

– – – – – – ◇(中略)◇- – – – –    ※注:国会会議録全文はこちら ⇒ h230519 kaigiroku (.doc)

〇河井委員 委員のお一人である山下俊一長崎大学教授が、三月二十一日に福島テルサというところで講演を行いました。「放射線と私たちの健康との関係」という演題でありますが、大臣、この発言内容は御存じでしょうか。

〇高木国務大臣 詳しくは承知いたしておりません。

〇河井委員 もう、とんでもない発言のオンパレードです。
発言録がここにありますので、一部御紹介させていただきます。
科学的に言うと、環境の汚染の濃度、マイクロシーベルトが百マイクロ・パー・アワーを超さなければ、全く健康に影響しません。ですから、五とか十とか二十というレベルで外に出ていいかどうかということは明確です。いわき市で、きのう答えられました。今、いわき市で遊んでいいですか、どんどん遊んでくださいと答えました。福島も同じです。心配することはありません。ぜひそのようにお伝えくださいと。
子供たちの屋外での活動に文科省がようやく重い腰を上げた。にもかかわらず、こういう発言がその前に、まだ全く調査ができてない段階で、このようなことおっしゃった。

続きを読む…

5.27 福島県二本松市 三保市長のインタビュー (全文書き起こし)

このポストのショートURL: http://wp.me/p1ud3J-1BN
関連ポスト: 【アーカイブ】福島県への放射能汚染経緯
日本全国・食の放射線、公衆被ばく、被ばく防護、ワーキングGP、被災された方サポート情報 ⇒ こちら
福島第一原発事故 状況分析ヘルパー ⇒ こちら

このような首長さんトップにもつ二本松市民は本当に幸運な方々だと私は思います。だから、きちんと、三保市長の言葉をスクリプトにして残すべきだと思いましたし、また音声を聞くことが出来ない方にも、お伝えできればと考え、これを書き起こしました。by tourkaba3

  • 二本松市の三保恵一市長は、5月27日、OurPlanetTVのインタビューに答え、独自にホールボディカウンターを利用した内部被曝検査を行うことを明らかにした。
  • 今回ホールボディカウンターで内部被曝調査を行うのは、二本松市内の妊婦や子ども、屋外での作業時間が長い農家や建設業の人など。これまで国に内部被曝調査をするよう要請­してきたが、国が取り組む予定がないことから、まずは20人に限定して、独自に調査をすることにしたという。
  • 検査する人の選定や、公表の方法などが調整でき次第、早ければ今月中に検査を実施する方針だ。
  • 福島県立医科大学のホールボディカウンターは利用できないため、県外の医療機関と提携する。
  • 三保恵一市長は、「内部被曝がないというのを願っている」としながらも、結果によっては、子どもを含めた市民の避難についても検討すると明言した。
  • 福島県放射線リスクアドバイザーの長崎大学・山下氏の講演については、放射線防護については、国のいうことを守るのが国民の義務というような精神論ではなく、国民に真実を話すことが最も重要であると苦言を呈した。

 – – – – -(三保市長のインタビュー全文書き起こし) – – – – –

続きを読む…

【アーカイブ】 原発推進派・学者(1)

記事転載目的: 将来リスク被曝防護のため
Keyword: 原発事故、誰にどんな責任が生じる可能性があるか

1.学者

転載日: 2011年5月30日
ソース元: http://www.j-cast.com/2011/04/16093099.html?p=all

– – – – – – (転載開始)- – – – –
原発推進学者が次々懺悔 「国民に深く陳謝する」
2011/4/16 13:17

東京電力の福島第1原子力発電所の深刻な事故を受け、政府の原子力安全委員会の歴代委員長を含む原発推進派学者の重鎮たちが原発の「安全神話」崩壊に懺悔を繰り返している。特に元原子力安全委員長の松浦祥次郎氏や前原子力委員会委員長代理の田中俊一氏ら原発推進の学者16人がこのほど、異例の緊急提言を行った。
「原子力の平和利用を先頭だって進めてきた者として、今回の事故を極めて遺憾に思うと同時に国民に深く陳謝する」との謝罪を前面に掲げた提言の内容は政府や東電の発表よりも今回の事故を深刻に受け止めており、緊迫感が伝わってくる。
大量の放射能を閉じ込めるのは極めて困難、と認める

続きを読む…

【アーカイブ】 原発推進派・タレント、専門家(2) **6.10更新**

記事転載理由: 将来リスク被曝防護のため
Keyword: 原発事故、誰にどんな責任が生じる可能性があるか

****Updated 2011.06.01****

謝罪したのちの勝間さんの原発関連の記事を見つけました。のちほどじっくり見えないところを読み解いていきたいとおもいます。

ソースもと:勝間和代公式ブログ
URL : http://kazuyomugi.cocolog-nifty.com/private/2011/03/post-aa3b.html
転載日: 20011年6月10日

– – – – – – (全文転載開始)- – – – – –
March 12, 2011
原子力発電のリスクに関して思うこと

今回の福島第一原発の推移について、考えることを記します。
まずは、再臨界や放射能漏出の防止について、不眠不休、命がけのチャレンジをしているみなさまに、心からの尊敬と感謝を表したいと思います。直接メールなどで連絡をとる機会がありますが、どれだけ真摯に対応されているか、自分の命よりもみんなの命、という優先順位で対応されているか、驚くほどの真摯さです。
それでは、なぜ、それでも今のような事態になっているのか。私は、リスク管理について、「人は事前に想像できる範囲のリスクしか前提に置けないこと」が理由だと考えています。福島第一原発を建設する当時に想定しうる、ありとあらゆるリスクを想定して、それを防ぐための施策を二重、三重にもかけたにもかかわらず、破られました。
もちろん、そのことにとついて、リスク管理が悪い、と当事者を責めるのは簡単だと思います。あるいは、だから原子力発電はダメなのだ、ということも簡単でしょう。
しかし、なぜ、いま原子力発電が発電の中で使われているのか。それは、今の私たちの電力量をまかなうことと、CO2の排出を抑えること、安定的な電力を供給することなどのバランスから、リスクリターンとして、それ以上のプロファイルをもつ発電方法をいまのところ、対案として見つけられていないからです。
火力を増やすと、コストが上がり、CO2も増えます。水力はダムと自然破壊の問題、そしてコストパフォーマンスの問題があります。再生可能エネルギー、例えば太陽熱や地熱、風力発電ですと、発電効率や、コストと安定性に問題が出てしまいます。
だからといって、それでは、想定外のリスクについて、原子力のリスクの大きさが本当に許容範囲かどうか、それは人によって感受性が違いますので、許容すべきと言い切れないでしょう。しかし、だからといって、全否定をしても、何も進まないと思います。
多様な発電方法を使いながら、リスクを管理していく方法を学ぶ以外の方法はないと考えます。すべての発電方法について、ラーニングを続けながら、リスク・リターンのバランスをとっていくこと、いまのところ、これしか私には言えません。
今は電力不足ですから、家で家族でダウンやコートを着ながら、暮らしています。一人一人ができることをできるかぎりやっていくこと、それが、いままでさまざまなリスクに対して、死の危険を冒してまで、私たちにエネルギーを供給してくれたみなさんへの貢献だと考えます。
– – – – – (転載終了)- – – – –
-----------------------

原発推進派の知らん顔ぶり、それはまるで今は何事もなかったように、なにか遠く離れた異国で平和に暮らしているのかと思わせるような、そういう雰囲気がTwitterの中から随所に伝わってくる。原発のげの字もない。事故を気づかうそぶりも一切ない。勝間さんの謝罪文にしても、途轍もない違和感をわたしは感じている。今後もこの違和感についてじっくり考えてみたいので、当ポストで、勝間さんの謝罪文を転載させていただくこととする。

転載日: 2011年5月30日
ソース元; http://www.j-cast.com/2011/04/19093522.html?p=all

弘兼憲史、茂木健一郎、勝間和代… 原発PR協力の文化人へ風当たり強まる
2011/4/19 17:06
福島第1原子力発電での事故を受け、原発推進を支持したり、PRに協力したりした文化人や著名人への風当たりが強まっている。経済評論家の勝間和代さんも批判を受け謝罪した。漫画家の弘兼憲史さんや脳科学者の茂木健一郎さんらも週刊誌で取り上げられ、批判された。
勝間さんは、中部電力の原発推進CMに出演していた。事故発生後、2011年3月末の討論番組「朝まで生テレビ!」(テレビ朝日系)でも「放射性物質が実際よりかなり怖いと思われていることに問題があるのではないか」などと発言していた。
「多くの人が感じている将来への不安に対する配慮欠いていた」
しかし4月15日付けのブログで、自身の発言について、科学的根拠を強調したあまり、多くの人々が感じている将来への不安に対する配慮を欠いていたと謝罪。「軽水炉の新規建設の永久凍結」を提言し、その代わりとして新しい技術を使った原子炉を「安全性を充分に検証した上で導入する」としている

続きを読む…