アーカイブ

Posts Tagged ‘原子力安全行政’

taisaku to kadai

中短期もの

http://www.asahi.com/national/update/0615/NGY201106140030.html
水素爆発防止へ建屋にドリルで穴 浜岡原発炉心損傷対策
2011年6月15日0時52分
中部電力は14日、浜岡原子力発電所(静岡県御前崎市)で炉心が損傷する「過酷事故」が起きた場合の対策を新たにまとめ、経済産業省の原子力安全・保安院に提出した。東京電力福島第一原発の事故を受けた緊急安全対策の一環で、水素爆発対策などを盛り込んだ。
福島第一原発の事故では、津波ですべての電源が失われて炉心を冷やせなくなり、大量の水素が原子炉建屋内にたまって爆発につながった。
このため、浜岡原発の新たな対策では、水素の漏れ出しに備えて、建屋の屋上に60センチ四方の穴を2カ所開け、漏れ出した水素を外部に放出することにした。水素には放射性物質が混じっているが、爆発によって広い範囲に飛び散るよりは、影響が抑えられるという

http://sankei.jp.msn.com/science/news/110613/scn11061319340003-n1.htm
原発安全指針、月内見直し着手 電源喪失非考慮「明らかに間違い」と委員長
2011.6.13 19:33

続きを読む…