アーカイブ

Posts Tagged ‘事故調査・報告書・会議’

【Observing】事故調査委員会&復興構想会議がらみ報道 **ドラフト**

ちゃばんを観察することでを学ぶ試しみ
観察のポイント: 構成メンバー、論点の根拠、メタファー報道と誘導、国民向け毒抜きポイント to ポイント、責任逃れのプロセス、タイムスパン(=世論の記憶からの剥離)

6月11日

http://www.asahi.com/politics/update/0610/TKY201106100678.html?__from=mixi
原発事故調「骨抜き」の動き 経産省画策、首相が拒否 2011年6月11日3時0分
東京電力福島第一原発の事故調査・検証委員会(事故調)について、政府の国家戦略室が経済産業省の影響下に置く構想を菅直人首相に提示していたことがわかった。首相の辞任表明後に提示したもので、首相は原発を推進してきた同省が事故調の「骨抜き」を画策したとみて拒否した。
続きを読む…

IAEA 閣僚声明草案 (chaban)

**** Updated 6.13 ****

木野さんのこのコメント、説得力あるなあ。

0607 細野補佐官原発報告書説明について 木野龍逸

**** Updated 6.09 ****
東京新聞から
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011060990070419.html
– – – – – –  (東京新聞より全文転載開始)- – – – – –  – –
政府報告書 「津波15メートル」高さ誤記載 4~5割増 浸水高と混同
2011年6月9日 07時04分
福島第一原発事故の直接的な原因とされる津波について、政府が国際原子力機関(IAEA)に提出した報告書の中で、「津波の高さ」と「浸水高(だか)」を混同して表記していることが分かった。浸水高の方が数字が大きくなるケースが多く、専門家からは津波の過大評価につながるとの批判も出ている。

続きを読む…

6.01 IAEA調査団暫定的報告書 (全文転載)

Refer
–  「IAEA報告案 組織の「限界」が露呈した
–  【Archives】IAEA(+WHO)and 3.11 Nuclear Accident
–  6/07/火【福島原発】 小出先生: メルトスルー(原子炉貫通) 政府が公式に認める
Memo:  外務省外部リンク既に削除、既に全文PDF化されている? 6.07
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
予想通りの残念なレポート内容となりました。

(ア)避難誘導や被曝防護等の政府対応を過大評価
(イ)津波による天災事故であることを強調(=地震による鉄塔倒壊人災事故を黙殺

.

ソース元  : 外務省ホームページ
添付ファイル : 原文(英語)  (Backup Done

URL: http://www.mofa.go.jp/mofaj/kinkyu/2/20110601_211954.html

– – – – -(日本語訳、全文転載)- – – – –
IAEA調査団暫定的要旨(仮訳)
平成23年6月1日
マグニチュード9の地震であった2011年3月11日の東日本大地震は、日本の東海岸を直撃した数度に亘る津波を発生させ、そのうち最大のものは、宮古市姉吉における38.9メートルに及んだ。

地震及び津波は、日本の広い地域において広範囲の荒廃をもたらし、14,000名以上の死者を出した。これに加え、少なくとも10,000名の人々が今なお行方不明であり、町や村が破壊されたことで多くの避難者を出した。日本のインフラの多くが、この荒廃や喪失により損害を受けた。

他の産業と同様、いくつかの原子力発電施設が激しい地表の振動及び大規模な複数の津波により影響を受けた。東海、東通、女川並びに東京電力の福島第一及び福島第二である。これらの施設の運転中のユニットは、原子力発電所の設計の一部として備えられていた地震を検知するための自動システムにより停止に成功した。しかし、大きな津波は、程度の差はあれ、これらの施設すべてに影響を与えた。その最も重大な結果が、東京電力福島第一で発生した。

続きを読む…

福島第一原発事故 状況分析ヘルパー **6.09更新**

 

1.事故の現状分析、国内外専門家の見方

(福島は今どうなっているのかを知るために)

京都大学原子炉・小出先生:

たね蒔(ま)きジャーナルトップページ(毎週月~金夜9:00~10:00 ) 関西系のラジオ番組ゲスト出演、福島第1原発事故について小出先生が語る

–  6/09/木★【福島原発】 原発を止めても電力は足りる  1/1 ) 
–  6/08/水★【福島原発】 汚泥から相次いで放射性物質を検出  1/1 ) 
–  6/07/火★【福島原発】 メルトスルー(原子炉貫通) 政府が公式に認める  1/1 ) 
–  6/06/月★【福島原発】 総放出量37万テラベクレル⇒77万テラベクレルに修正  1/1 ) 
–  6/01/水★【福島原発】 IAEA(国際原子力機関)という組織について  1/1 ) 
–  5/31/火★【福島原発】 海洋汚染について   1/1 ) 
–  5/30/月★【福島原発】 「ただちに影響は出ない」と言う言い方   1/1 )   2/2 )  
–  5/26/水★【福島原発】 高圧注水系(冷却装置配管)津波の前に地震で破損か  ( 1/1 )  2/2 )  –  5/25/水★【福島原発】 ブラックジョークとしてのチャイナシンドローム  ( 1/2 ) ( 2/2 )  

続きを読む…

【放射能漏れ】3月14日の3号機爆発についてきちんと検証している日本語サイト

福島第一原発3号機の爆発が何かをきちんと検証している日本語サイトをようやく見つけました。

(1)みまもりファームの栽培日記」さん ←小出先生のHPのリンクからたどり着いたところ。気象データなどをもとに検証されていて、その検証方法も勉強になる。

3号機は水素爆発&即発臨界かを検討する
東北・関東への希ガスの到達時刻について
浪江町、飯舘村に降り積もった放射性物質の再拡散について

続きを読む…

京都大学原子炉実験所 小出裕章氏に聞く 5/12、1号機 空焚き核燃料棒・全溶融、人類未体験ゾーンへ(書き起こし)

神保さんによる小出先生への緊急インタビューです。プライオリティが高い問題なので何はともあれ急ぎ書き起こしました。ラスト5分の神保さんまとめ解説部分の書き起こしのみが未完です。時間的な問題で小出先生とのスクリプト部分を優先させてますので、ドラフト扱いでお願いします。残りの部分は近くアップいたします。それから、要点まとめ、ナンバリング、文書校正もすべてまとめて後ほどいたします。また素人ですので多少の違いについてもご容赦ください。

–  – – – – – – – – – – – – – – – – –  – – – – – – – – –
・ジャーナリスト : ビデオニュース・ドットコム  神保哲生氏
・取材相手    :  京大原子炉実験所 助教 小出裕章氏
・動画タイトル      : 「臨時スペシャルリポート] 空焚き1号機は溶融した核燃料が圧力容器の外に小出裕章・京都大学原子炉実験所助教に聞く
・動画URL:    http://www.videonews.com/special-report/031040/001873.php
・録画時間     :18分
・動画アップロード日    :  2011年5月12日
・聞き起こし    : by tourkaba3
・記録方法     : 対話形式、ナンバリング ⇒ 後ほど

≪インタビュー内容≫
.12日東京電力が明らかにした、核燃料棒の大半が溶け落ちて原子炉の底に穴が開き大量の水が漏れ出ているという緊急事態
2.文科省の対応、福島県内学校の校庭の土処理

≪補足情報≫
◆このポストのショートURL : http://wp.me/p1ud3J-UL です。
◆福島第一の炉のイメージをする際にこちらのツールが便利だと思います。⇒ ツール ※ちなみにこれも神保さんのtweetからの得たものです。ほんとに神保さんはすばらしいです。

– – – – – – 神保さん前説部分 - – – – –

〇神保さん:

本日福島第一原子力発電所の一号機がですね、核燃料が完全に露出している。つまり、原子炉の圧力容器の中に水が全く入っていないとういことがわかったということが、東京電力から発表になりました。これは重大な発表だと思います。なぜならこれまでは一号機もこれまでは70%、55%と数字が途中で変わったりしましたが、一定の量の水が入っていて、それで冷やせているという前提で、これまで原子炉の状況がどうなっているのかと、我われは判断してきたのですが、どうもその根底が崩れた。燃料は既に溶けているということが分かったということです。そこで今日は京都大学の原子炉実験所の小出先生に後で電話を繋いで、この状況をどう理解したらいいのかというのを聞いて見たいと思うのですが、簡単なお浚いですね。簡単なお浚いというのはして置きたいと思います。

続きを読む…

【小出先生Script書き起こし】 5/2ラジオ出演 12日のベント失敗で「著い公衆被ばくの可能性」=政府パニック恐れ公表せず

ラジオ番組: 関西・MBS(毎日放送)ラジオたね蒔きジャーナルに、京大原子炉実験所 助教 小出裕章氏出演   **書き起こし**

=== 多少の違いはご容赦願います ===
・オリジナルの動画リンク: 【福島原発】5/3/火★今?5000枚のシミュレーション結果公開
・動画オーナー  : nyugankenshin さん
・録画時間     : 約10分
・聞き起こし    : by tourkaba3
・記録方法      : 対話形式をそのまま記録

≪論点≫
地震の翌日12日、1号機のベント失敗による著しい公衆被曝の可能性を予測しながらも政府は国民に公表せず。
スピーディー(SPEEDI)放射性物質の予測情報の公開が遅くなったのは、国民のパニックを恐れたためと政府。 (※注①) 
●日本中の原子力発電所でベントが取り付けられたのは2000年過ぎで、スリーマイル事故から約20年後。それまで政府はベント必要無しとして来た。
●全所停電事故が起きれば、短時間に格納容器が壊れるということは専門家はみな理解していた。 (※注②)  続きを読む…