アーカイブ

Posts Tagged ‘インタビュー’

5.27 福島県二本松市 三保市長のインタビュー (全文書き起こし)

このポストのショートURL: http://wp.me/p1ud3J-1BN
関連ポスト: 【アーカイブ】福島県への放射能汚染経緯
日本全国・食の放射線、公衆被ばく、被ばく防護、ワーキングGP、被災された方サポート情報 ⇒ こちら
福島第一原発事故 状況分析ヘルパー ⇒ こちら

このような首長さんトップにもつ二本松市民は本当に幸運な方々だと私は思います。だから、きちんと、三保市長の言葉をスクリプトにして残すべきだと思いましたし、また音声を聞くことが出来ない方にも、お伝えできればと考え、これを書き起こしました。by tourkaba3

  • 二本松市の三保恵一市長は、5月27日、OurPlanetTVのインタビューに答え、独自にホールボディカウンターを利用した内部被曝検査を行うことを明らかにした。
  • 今回ホールボディカウンターで内部被曝調査を行うのは、二本松市内の妊婦や子ども、屋外での作業時間が長い農家や建設業の人など。これまで国に内部被曝調査をするよう要請­してきたが、国が取り組む予定がないことから、まずは20人に限定して、独自に調査をすることにしたという。
  • 検査する人の選定や、公表の方法などが調整でき次第、早ければ今月中に検査を実施する方針だ。
  • 福島県立医科大学のホールボディカウンターは利用できないため、県外の医療機関と提携する。
  • 三保恵一市長は、「内部被曝がないというのを願っている」としながらも、結果によっては、子どもを含めた市民の避難についても検討すると明言した。
  • 福島県放射線リスクアドバイザーの長崎大学・山下氏の講演については、放射線防護については、国のいうことを守るのが国民の義務というような精神論ではなく、国民に真実を話すことが最も重要であると苦言を呈した。

 – – – – -(三保市長のインタビュー全文書き起こし) – – – – –

続きを読む…