アーカイブ

Posts Tagged ‘アーカイブ’

【アーカイブ】福島第一原発事故 3.11初動7日間の時系列報道のまとめ

ニュース転載目的: 被曝将来リスクの記録のため
Refer 【アーカイブ】 3.11初動 時系列まとめ

大きな動き

3.11 大震災発生
3,12 1号機爆発
3.13 3号機爆発
3.15 2号機爆発 4号機炎上
3.16 4号機爆発 ・・・・4号機はその後、5月に入ってからも、炎上(爆発?)を頻繁に繰り返すことになる
3.17 ヘリからの放水

Ⅰ.国際社会の報道

Refer https://tourkaba3.wordpress.com/tag/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E7%A4%BE%E4%BC%9A/

  • 日本政府は記者クラブを使って情報統制している(動画
  • 何故、日本政府は今になってレベル7に上げたのか (動画
  • 名目上民主主義による情報統制が事態の悪化を招いている (動画A)(動画B
  • 日本が国際支援を拒絶したのは対面を保つという文化的背景に起因する(動画

3月21日
.
東北など在住の米政府職員にヨウ素剤…米国務省
http://www.yomiuri.co.jp/feature/20110316-866921/news/20110321-OYT1T00606.htm
(2011年3月21日22時25分 読売新聞)
【ワシントン=黒瀬悦成】米国務省は21日、東日本巨大地震で被災した福島第一原発の放射能漏れ事故を受け、東京都と横浜市、名古屋市、東北・関東・甲信越の各県と静岡県に住む米政府職員と、その家族に対し、内部被曝を防ぐためのヨウ素剤を配布すると発表した。
同省は、配布は「念のための措置」であり、現時点で服用する必要はないとしている。
続きを読む…

カテゴリー:Uncategorized タグ: ,

taisaku to kadai

中短期もの

http://www.asahi.com/national/update/0615/NGY201106140030.html
水素爆発防止へ建屋にドリルで穴 浜岡原発炉心損傷対策
2011年6月15日0時52分
中部電力は14日、浜岡原子力発電所(静岡県御前崎市)で炉心が損傷する「過酷事故」が起きた場合の対策を新たにまとめ、経済産業省の原子力安全・保安院に提出した。東京電力福島第一原発の事故を受けた緊急安全対策の一環で、水素爆発対策などを盛り込んだ。
福島第一原発の事故では、津波ですべての電源が失われて炉心を冷やせなくなり、大量の水素が原子炉建屋内にたまって爆発につながった。
このため、浜岡原発の新たな対策では、水素の漏れ出しに備えて、建屋の屋上に60センチ四方の穴を2カ所開け、漏れ出した水素を外部に放出することにした。水素には放射性物質が混じっているが、爆発によって広い範囲に飛び散るよりは、影響が抑えられるという

http://sankei.jp.msn.com/science/news/110613/scn11061319340003-n1.htm
原発安全指針、月内見直し着手 電源喪失非考慮「明らかに間違い」と委員長
2011.6.13 19:33

続きを読む…

福島原発事故規定

記事転載目的: 事故をどう見てどう規定したらいいのかを考えるために

転載日:2011年6月12日
ソースもと: http://www.sankeibiz.jp/macro/news/110611/mcb1106112025021-n1.htm

Please refer
 http://wp.me/p1ud3J-1XW of “IAEA 閣僚声明草案”
6.01 IAEA調査団暫定的報告書 (全文転載)
【wikileaks/Japan】3-4 DECEMBER NUCLEAR SAFETY AND SECURITY GROUP
【wikileaks/Japan】Local court orders shutdown of nuclear reactor
⑤H23.04.06国会議事録:吉井議員(共産)、国の原子力安全行政の役割、事故前後のシビアアクシデント・マネジメント

【福島第一1号機原子炉建屋内のイメージ図】

 

※GE製 Boiling Water Reactor Mark I 仕様書→ pdf

– – – – (全文転載開始)- – – –
【放射能漏れ】「東電の不作為は犯罪的」IAEA元事務次長一問一答
2011.6.11 20:24
福島第1原発事故をめぐり産経新聞のインタビューに応じた国際原子力機関(IAEA)元事務次長でスイスの原子力工学専門家、ブルーノ・ペロード氏との一問一答は次の通り。

--福島第1原子力発電所事故で日本政府がIAEAに事故に関する調査報告書を提出したが

「私は事故後の対応について日本政府や東電を批判するつもりはないが、両者が事故前に対策を取らなかったことは深刻だ。特に、東電の不作為はほとんど犯罪的だ」

--なぜ、そう思うのか

「福島第1原発の米ゼネラル・エレクトリック(GE)製沸騰水型原子炉マーク1型は圧力容器と格納容器が近接しており、水素ガスが発生すれば圧力が急激に高まる危険性が1970年代から指摘されていた。福島で原発の建屋はクリスマスプレゼントの箱のように簡単に壊れたが、スイスでは90年代に格納容器も建屋も二重するなど水素ガス爆発防止策を強化した」
続きを読む…

【Observing】事故調査委員会&復興構想会議がらみ報道 **ドラフト**

ちゃばんを観察することでを学ぶ試しみ
観察のポイント: 構成メンバー、論点の根拠、メタファー報道と誘導、国民向け毒抜きポイント to ポイント、責任逃れのプロセス、タイムスパン(=世論の記憶からの剥離)

6月11日

http://www.asahi.com/politics/update/0610/TKY201106100678.html?__from=mixi
原発事故調「骨抜き」の動き 経産省画策、首相が拒否 2011年6月11日3時0分
東京電力福島第一原発の事故調査・検証委員会(事故調)について、政府の国家戦略室が経済産業省の影響下に置く構想を菅直人首相に提示していたことがわかった。首相の辞任表明後に提示したもので、首相は原発を推進してきた同省が事故調の「骨抜き」を画策したとみて拒否した。
続きを読む…

【アーカイブ】東電プレスリリース「平成23年6月10日 福島第2原子力発電所における子炉建屋付属棟における発火について」

転載目的: オブザーブのため
転載日 : 2011年6月11日
ソースもと: 東京電力プレスリリース

URL:http://www.tepco.co.jp/cc/press/11061009-j.html

– – – – – (全文転載開始)- – – – – –

福島第二原子力発電所1号機原子炉建屋付属棟における発火の調査結果について

平成23年6月10日
東京電力株式会社
福島第二原子力発電所

平成23年5月27日午前10時1分頃、停止中の1号機原子炉建屋付属棟地下1階の
高圧炉心スプレイ系電源室にある照明用分電盤より発火したことから、午前10時4
分、協力企業作業員が消火し、当社当直員が消火を確認しました。消防署には、午
前10時8分に通報し、その後の消防署の現場確認により鎮火が確認され、建物火災
によるぼやと判断されました。
本事象によるけが人の発生はなく、外部への放射能の影響はありません。
5月27日 お知らせ済み)
本事象の調査結果、推定原因、および対策は以下のとおりです。

続きを読む…

【アーカイブ】東電プレスリリース「平成23年6月10日 福島第2原子力発電所における作業員2名の高線量内部被ばくについて」

Back up. Please refer update log  on  Observing Fukushima Workers.

転載目的: オブザーブのため
転載日 : 2011年6月11日
ソースもと: 東京電力プレスリリース

◆URL : http://www.tepco.co.jp/cc/press/11061010-j.html

– – – – – (全文転載開始)- – – – – –

福島第一原子力発電所における当社社員の被ばく線量の評価作業状況について(続報)

平成23年6月10日
東京電力株式会社

当社は、福島第一原子力発電所における緊急作業時に従事した当社社員の内部被
ばく線量の評価作業を、順次実施しておりますが、5月30日に、当社男性社員2名
における甲状腺の体内放射能量(よう素131)が高いことが確認されたため、その
状況について公表しております。
その後、独立行政法人放射線医学総合研究所殿にご協力をいただき、当該社員2
名の被ばく線量の評価作業をお願いしております。
続きを読む…

IAEA 閣僚声明草案 (chaban)

**** Updated 6.13 ****

木野さんのこのコメント、説得力あるなあ。

0607 細野補佐官原発報告書説明について 木野龍逸

**** Updated 6.09 ****
東京新聞から
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011060990070419.html
– – – – – –  (東京新聞より全文転載開始)- – – – – –  – –
政府報告書 「津波15メートル」高さ誤記載 4~5割増 浸水高と混同
2011年6月9日 07時04分
福島第一原発事故の直接的な原因とされる津波について、政府が国際原子力機関(IAEA)に提出した報告書の中で、「津波の高さ」と「浸水高(だか)」を混同して表記していることが分かった。浸水高の方が数字が大きくなるケースが多く、専門家からは津波の過大評価につながるとの批判も出ている。

続きを読む…