ホーム > 福島県民|福島作業員 > 【アーカイブ】東電プレスリリース「平成23年6月10日 福島第2原子力発電所における作業員2名の高線量内部被ばくについて」

【アーカイブ】東電プレスリリース「平成23年6月10日 福島第2原子力発電所における作業員2名の高線量内部被ばくについて」

Back up. Please refer update log  on  Observing Fukushima Workers.

転載目的: オブザーブのため
転載日 : 2011年6月11日
ソースもと: 東京電力プレスリリース

◆URL : http://www.tepco.co.jp/cc/press/11061010-j.html

– – – – – (全文転載開始)- – – – – –

福島第一原子力発電所における当社社員の被ばく線量の評価作業状況について(続報)

平成23年6月10日
東京電力株式会社

当社は、福島第一原子力発電所における緊急作業時に従事した当社社員の内部被
ばく線量の評価作業を、順次実施しておりますが、5月30日に、当社男性社員2名
における甲状腺の体内放射能量(よう素131)が高いことが確認されたため、その
状況について公表しております。
その後、独立行政法人放射線医学総合研究所殿にご協力をいただき、当該社員2
名の被ばく線量の評価作業をお願いしております。
                            (お知らせ済み
本日、同研究所殿より、これまでの評価結果について報告をいただき、これをも
とに内部被ばく線量の評価を行い確定しましたので、以下の通り、お知らせいたし
ます。評価の結果、当該社員2名とも緊急時の線量限度である250mSvを超えること
を確認いたしました。
なお、当該社員につきましては、健康診断の結果、健康への影響はないことが確
認されております。

【当該2名の作業員の被ばく線量】
・A氏:678.08mSv(内訳:外部被ばく 88.08mSv、内部被ばく590mSv)
・B氏:643.07mSv(内訳:外部被ばく103.07mSv、内部被ばく540mSv)
注)上記には5月分の免震重要棟内に滞在中の線量及び移動中の線量は評価中で
あることから含んでいない。これらは、評価後に加算して確定する予定。

また、緊急作業時に従事した当社社員の内部被ばく線量の評価作業の中で、昨日、
新たに、当社男性社員1名における甲状腺の体内放射能量(よう素131)が高めで
あることが確認された旨、測定・評価のご協力をいただいている独立行政法人日本
原子力研究開発機構殿より当社にご報告がありました。
今後、当該社員1名については、独立行政法人放射線医学総合研究所殿による健
康診断を受けるとともに、ご助言をいただきながら、内部被ばく線量の詳細評価を
行い、被ばく線量の確定作業※を行ってまいります。

以 上
* 被ばく線量の確定作業
作業に伴う被ばく線量と免震重要棟内に滞在中の被ばく線量を評価・加算す
るとともに、内部被ばくの預託実効線量(今後50年間に受ける放射線量)を評
価する作業。

– – – – – (転載終了)- – – – – –

◆URL : http://www.tepco.co.jp/en/press/corp-com/release/11061012-e.html

– – – – – (全文転載開始)- – – – – –
Press Release (Jun 10,2011)
Status of Evaluation work of TEPCO employees’ Exposure Dose at Fukushima Daiichi Nuclear Power Station (Continued Releases)

As part of emergency precautions being taken at Fukushima Daiichi Nuclear
Power Station, we have been evaluating the internal exposure dose of each
worker*. On May 30, 2011, the survey revealed that the levels of internal
radioactivity (iodine 131) present in thyroids of the two TEPCO male
employees were higher than normal level and we have disclosed that fact.

Subsequently those two TEPCO employees were to receive evaluation work
administered by the National Institute of Radiological Sciences (NIRS:
Independent Administrative Corporation). (Previously announced)

Today we have received the report of evaluation result from NIRS and
finished evaluation of internal exposure based on the report as follows.
As a result of evaluation, it was confirmed that exposure dose of two
employees exceeded the 250 mSv limit in case of emergency. It was also
confirmed that there were no impact on their health condition as a result
of medical examination.
A:678.08 mSv (external exposure: 88.08 mSv, internal exposure 590 mSv)
B:643.07 mSv (external exposure: 103.07 mSv, internal exposure 540 mSv)
*Above amount does not include the exposure dose from the stay in the main
anti earthquake resistant building and from the transfer in the site as
those exposures are still under evaluation. These will be added once the
evaluation is done.

JAEA yesterday reported us that during the evaluation work of internal
exposure dose of TEPCO employees in charge of emergency work the level of
internal radioactivity (iodine 131) present in thyroids of a TEPCO male
employee was higher than normal level. The employee will have medical
examination by NIRS and his internal exposure will be evaluated and
determined* with the help of NIRS advice.

*Determining exposure dose
Work to evaluate and add the exposure dose during the work and the stay
in the main anti earthquake building in addition to internal exposure
levels of the committed dose (exposure spanning a 50-year period from
this juncture).
– – – – – (転載終了)- – – – – –

.

.

◆URL : http://www.tepco.co.jp/cc/press/11061008-j.html

– – – – – (全文転載開始)- – – – – –

福島第一原子力発電所における作業員の作業環境などの改善状況について

平成23年6月10日
東京電力株式会社

当社は、3月11日の発災以降、原子力発電所の事態収束に向け、全力をあげ取り
組んでいるところでありますが、一日も早い収束に向けて作業員の作業環境の向上
に努めております。
現在、福島第一原子力発電所において作業員の休憩所を各所に順次開設しており、
夏場に向けた熱中症対策として給水機の設置やクールベスト等の導入を行っている
ところです。
また、宿泊施設として利用している福島第二原子力発電所体育館の生活環境の改
善もあわせて行っております。

当社は引き続き、作業環境および生活環境の向上に努めてまいります。

以 上

○添付資料
作業員の休憩所設置状況について(PDF 200KB)
クールベストについて(PDF 233KB)
生活環境改善状況について(福島第二原子力発電所体育館)(PDF 54.2KB)
– – – – – (転載終了)- – – – – –

.

◆URL: http://www.tepco.co.jp/en/press/corp-com/release/11061013-e.html

– – – – – (全文転載開始)- – – – –
Press Release (Jun 10,2011)Status of improvement on working environment of workers in Fukushima Daiichi Nuclear Power Station

We have been making best effort to settling down the status of affairs
after the accident occurred on March 11, also have been making effort
to improvement of working environment of workers towards earliest
termination.

Currently we are sequentially setting Rest Area for workers throughout
the Fukushima Daiichi Nuclear Power Station, and installing water
feeding machine and introducing Cool Vest as a countermeasure against
heat disorder in summertime.

Also we will conduct improvement of life circumstances in gymnastic
hall of Fukushima Daini Nuclear Power Station in conjunction with
those measures.     

We will continuously make best effort to improve working environment
and life circumstance.

attachment1: Status of setting Rest Area for workers(PDF 471KB)
attachment2: About Cool Vest(PDF 134KB)
attachment3: Status of improvement of life circumstance (Gymnastichall of Fukushima Daini Nuclear Power Station)(PDF 201KB)
- - - - - (転載終了)- - - - - -
広告
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。