ホーム > 事故調査、報告書、評価、課題 > 【アーカイブ】東電プレスリリース「平成23年6月10日 福島第2原子力発電所における子炉建屋付属棟における発火について」

【アーカイブ】東電プレスリリース「平成23年6月10日 福島第2原子力発電所における子炉建屋付属棟における発火について」

転載目的: オブザーブのため
転載日 : 2011年6月11日
ソースもと: 東京電力プレスリリース

URL:http://www.tepco.co.jp/cc/press/11061009-j.html

– – – – – (全文転載開始)- – – – – –

福島第二原子力発電所1号機原子炉建屋付属棟における発火の調査結果について

平成23年6月10日
東京電力株式会社
福島第二原子力発電所

平成23年5月27日午前10時1分頃、停止中の1号機原子炉建屋付属棟地下1階の
高圧炉心スプレイ系電源室にある照明用分電盤より発火したことから、午前10時4
分、協力企業作業員が消火し、当社当直員が消火を確認しました。消防署には、午
前10時8分に通報し、その後の消防署の現場確認により鎮火が確認され、建物火災
によるぼやと判断されました。
本事象によるけが人の発生はなく、外部への放射能の影響はありません。
5月27日 お知らせ済み)
本事象の調査結果、推定原因、および対策は以下のとおりです。

〔調査結果〕
調査の結果、以下のことがわかりました。
・発火による損傷の著しい箇所は、照明用分電盤内最下部の配線用しゃ断器
(予備)であったこと。
・焼損した配線用しゃ断器の絶縁抵抗測定は、5月19日に実施し、健全である
ことを確認していたこと。
・分電盤が設置してある高圧炉心スプレイ系電源室内は、津波による海水の流
れ込み(床上5cm程度の浸水)があったこと。
・作業当日、同室内は浸水していなかったが、津波により空調機が停止してい
たため室内湿度が高く、分電盤の設置環境としては良い状態ではなかったこ
と。
・焼損した配線用しゃ断器の近傍にある配線用しゃ断器を分解点検した結果、
しゃ断器内部の接触金具に塩分が付着していたこと。
・津波後の当該分電盤点検時、盤内部の配線用しゃ断器等の機器を確認してい
なかったこと。

〔推定原因〕
当該分電盤の盤内部の確認を行っていなかったため、海水の浸水の影響で当該配
線用しゃ断器内への塩分の付着を確認できず、その後、室内で発生した結露水が吸
着しました。このことから、しゃ断器の絶縁抵抗が低下し、この状態で電源を投入
したため漏電・発火に至ったものと推定いたしました。

〔対策〕
今後、以下の対策を実施いたします。
・津波により浸水した電気品については、原則交換または修理を実施する。
・津波により浸水したエリアにある電気品を使用する場合は、塩分による汚損が
ないことを確認する。
・津波の後に初めて通電する電気品については、設置環境を確認した上で、通電
直前に絶縁抵抗を測定し健全性を確認する。
・上記3項目について、当社監理員および協力企業作業員に周知する。
なお、焼損した分電盤については、新規製作することといたします。

当社といたしましては、再発防止に向け対策を着実に実施し、引き続き、火災発
生の未然防止に努めてまいります。

以 上

添付資料
福島第二原子力発電所1号機 発火概略図(PDF 42.7KB)
– – – – – (転載終了)- – – – – –

URL: http://www.tepco.co.jp/en/press/corp-com/release/11061010-e.html

– – – – – (全文転載開始)- – – – – –
Press Release (Jun 10,2011)
Survey result of fire at the Reactor Building Annex Area, Unit 1, Fukushima Daini Nuclear Power Station

At approximately 10:01 am, May 27th, 2011, a fire was found at the
distribution switchboard for lighting located in the power panel room for
the high pressure core spray system on the first basement level of the
Reactor Building Annex Area of Unit 1 which was in the status of shutdown.
At 10:04 am, workers of a partner company extinguished the fire and the
operator of TEPCO confirmed it. Afterward, at 10:08 am, we reported it to
the fire station. Fire fighters also confirmed at site that fire was
extinguished and determined that it was a small fire. There were no
injuries and no radiation leak to the outside environment from this
incident. (Previously announced on May 27)

Survey result, estimated cause, and countermeasure are as follows:
Survey revealed followings:
•Most damaged part from the fire was the distribution circuit breaker
located at the very bottom inside the distribution switchboard for
lighting.
•Insulation resistance of burnt distribution circuit breaker was measured
on May 19 and the function was confirmed to be intact.
•There was seawater inflow (the floor was flooded to 5cm high) from
tsunami into the power panel room for the high pressure core spray system
•On the day of fire, while the room was not flooded, the humidity inside
the room was high as the air conditioner was not working due to tsunami.
Therefore, environment was not ideal for the power panel.
•As a result of inside analysis of the distribution circuit breaker which
located near the burnt breaker, salt was found in the connecting parts
inside the breaker.
•During the inspection of the burnt power panel after tsunami, equipments
including the distribution circuit breaker inside the panel were not
inspected.
As the inside of the power panel was not inspected, salt inside the
distribution circuit breaker was not found. Afterwards, dew condensation
water attached there. Therefore, insulation resistance decreased and the
electrification with this condition was considered to cause short circuit
and fire.
Following countermeasures will be implemented.
•Flooded electric equipments will be replaced or repaired.
•When using the electric equipments located in the flooded area, salt
attachment will be inspected.
•When using the equipment for the first time after tsunami, insulation
resistance and safety of the equipment as well as the environment will be
confirmed.
•Above 3 items will be informed to TEPCO supervisors and workers from
other companies.
The burnt circuit breaker will be newly manufactured.

TEPCO will implement countermeasures in order to prevent the reoccurrence
of the fire.

Appendix: Fukushima Daini Nuclear Power Station Unit 1, Location of fire occurance(PDF 42.6KB)
– – – – – (転載終了)- – – – – –

広告
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。