ホーム > 事故調査、報告書、評価、課題 > 【Observing】事故調査委員会&復興構想会議がらみ報道 **ドラフト**

【Observing】事故調査委員会&復興構想会議がらみ報道 **ドラフト**

ちゃばんを観察することでを学ぶ試しみ
観察のポイント: 構成メンバー、論点の根拠、メタファー報道と誘導、国民向け毒抜きポイント to ポイント、責任逃れのプロセス、タイムスパン(=世論の記憶からの剥離)

6月11日

http://www.asahi.com/politics/update/0610/TKY201106100678.html?__from=mixi
原発事故調「骨抜き」の動き 経産省画策、首相が拒否 2011年6月11日3時0分
東京電力福島第一原発の事故調査・検証委員会(事故調)について、政府の国家戦略室が経済産業省の影響下に置く構想を菅直人首相に提示していたことがわかった。首相の辞任表明後に提示したもので、首相は原発を推進してきた同省が事故調の「骨抜き」を画策したとみて拒否した。

同戦略室は民主党政権下で新設された組織で各府省の職員が出向し、内閣官房に置いているが、エネルギー政策については経産省の影響力が強い。今回の動きは、経産省が事故調の調査結果に影響力を行使しようと巻き返しを図った形で、今後、新政権が事故調の中立性をどう担保するかが問われそうだ。
菅内閣は5月24日の閣議で事故調の設置を決定。事故調は内閣官房に置いて独立性と中立性を確保し、東電の監督官庁である経産省から離れた形で検証させるようにした。

http://www.yomiuri.co.jp/feature/20110316-866921/news/20110611-OYT1T00360.htm
IAEA会議控え、米側に支援要請…細野補佐官
【ワシントン=中島健太郎】訪米中の細野豪志首相補佐官は10日、米原子力規制委員会(NRC)のヤツコ委員長と会談し、東京電力福島第一原子力発電所事故をめぐり、政府が7日に国際原子力機関(IAEA)に提出した事故報告書の内容などを説明した。
原発事故対策の実務を取り仕切る細野氏の訪米は、20日から始まるIAEA閣僚級会議を前に、日本政府に対する国際的な不信を払拭する狙いがある。細野氏はヤツコ氏に、「米国は日本がやってきたことを最も理解している国の一つだ。サポートしてもらえると非常にありがたい」と述べ、閣僚級会議に向け、米国が日本の立場への理解を示すよう協力を求めた。
会談後、細野氏は記者団に「建設的なやりとりができた。閣僚級会議は日本の取り組みが理解される会議にしたい」と語った。両氏は原子力をめぐる今後の日米の協力関係について、「さらなる議論と協力を行い、原子力安全という共通の目標に取り組む」とする共同声明を発表した。(2011年6月11日11時37分 読売新聞)

6月7日

6月3日

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
>

広告
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。