ホーム > 被ばくと放射線 資料 > ”川口”放射線レター(非公式まとめ) **6.12更新**

”川口”放射線レター(非公式まとめ) **6.12更新**

川口市ホームページ http://www.city.kawaguchi.lg.jp/
埼玉県+川口 の放射線量値の記録 (水道水・空間線量・降下物・農用地土壌・下水汚泥と焼却灰) ⇒ こちら
日本全国・食の放射線、公衆被ばく、被ばく防護、ワーキングGP、サポート ⇒ こちら
福島第一原発事故 状況分析ヘルパー ⇒ こちら

2011年6月11日
ソース元: 東京新聞

http://www.tokyo-np.co.jp/article/saitama/20110611/CK2011061102000054.html
放射性物質検出せず 川口・戸田市小中プール 給食の独自検査も
2011年6月11日
川口、戸田両市は十日、小中学校のプールの水に含まれる放射性物質の検査を実施し、いずれも不検出だったと発表した。
川口市は市立小中学校十校を対象に検査を八日に実施。戸田市も小中学校十二校で来月中旬までに検査を二回実施する予定で、プール改修中の二校を除く十校で八日に一回目の検査を行った。

戸田市は小中学校と保育園で、給食用の食材についても独自に検査を行う。小中学校では来月から月二回、給食用に仕入れる葉物野菜を中心に専門機関に委託して検査する予定。ただ、結果判明まで検査から早くて四、五日かかり、給食が提供された後に安全性を確認することになる。
市の学校給食の担当者は「保護者の不安を少しでも払拭(ふっしょく)するため、事後であっても安全性を確認することにした」と説明している。 (大沢令)

2011年6月10日
ソース元: 毎日新聞

http://mainichi.jp/area/saitama/news/20110610ddlk11040320000c.html
東日本大震災:県立高4校など、放射性物質検査 プールの水採取 /埼玉
毎日新聞 2011年6月10日 地方版
県保健体育課は9日、学校プールの放射性物質検査のため、県立高校4校と特別支援学校2校で水を採取した。1週間以内に結果が出る予定で、県ホームページで公表する。

浦和第一女子高校(さいたま市浦和区)では、午前9時ごろ同課の職員2人が約1リットルの水をプラスチック容器に回収した。県は飲料水の暫定規制値を適用し、測定値が上回った場合にはいったんプールの使用を中止する。【西田真季子】

2011年6月7日
ソース元: 埼玉県

下水処理施設2箇所の焼却灰の放射性物質の測定結果が更新されました。
埼玉県ホームページ  or   当ブログのポスト 「6.下水汚泥と焼却灰

2011年6月2日
ソース元: 川口市

川口市の放射線の測定結果について
平成23年5月31日(火)に市内の10カ所で行われた大気中の放射線量測定結果が川口市HP上に公表されました。
測定地点 : 神根運動場、芝児童交通公園、川口総合高等学校、中青木公園、西中学校、本町小学校、新井町公園、安行スポーツセンター、新郷小学校、戸塚榎戸公園

2011年6月2日
ソース元: くう・ねる・IT – KuuNeruIT

放射線量計測サイト一覧|個人モニタリングポスト|ガイガーカウンターまとめサイト
さいたまにお住まいの個人で計測くださっている方が結構いらっしゃるようです。例えば、埼玉県飯能市、埼玉県西部地域、埼玉県さいたま市桜区、埼玉県朝霞市、埼玉川越、埼玉県 久喜市、その他東京都内など (※注:川口については、6/1に紹介済み)

2011年6月1日
ソース元: aoc123さん

埼玉県川口市ガイガーカウンターモニタリング LIVE
測定場所: 埼玉県川口市に市立東中学校の近所、地上3メートル位、室内の北に面した窓側

2011年05月30日
ソース元:川口市市議会 木岡たかし議員 (川口市公式情報

– – – (全文連載) – – – –
放射能測定器の購入契約が結ばれました。
28日のブログに書いた「次に実施する調査」に使う放射能測定器の購入契約が結ばれました。
全部で4台(合計約58万円)を購入します。
そして大事な納期は、6月末までとなったようです。
この機器が納入された後は、川口市として独自に市内175か所の検査に着手する予定ですが、1日でも早く市内各所の検査が実施できるように、引き続き求めていきます。
– – – – – (転載終了) – – – – –

2011年05月28日
ソース元:川口市市議会 木岡たかし議員 (川口市公式情報
【この情報の報道】 自前で放射線量測定へ 埼玉・川口市民が要望 (産経 2011.5.26)

– – – – (全文連載) – – – –
川口市内の放射線量の測定について
市内の各種の施設や園庭や校庭などの放射線に関する不安やご意見が、小さな子どものいるご家庭などから寄せられていました。一昨日の26日に川口市として、今後の放射線量の測定方針が示されました。

すぐに実施する調査
として、専門業者に委託して以下の調査を行うことになりました。
〇測定日    5月31日
〇測定箇所   10か所
①本町小学校、②新郷小学校、③西中学校、④安行スポーツセンター、⑤神根運動場、⑥戸塚榎戸公園、⑦芝児童交通公園、⑧新井町公園、⑨中青木公園、⑩川口総合高等学校

〇測定高    地表面から5センチ、50センチ、100センチ
〇結果公表日時 6月3日
〇公表方法   川口市の公式ホームページ・川口市防災情報メール
〇再測定    発生源の状況の変化に応じて実施

次に実施する調査
新たに市独自に測定機器を購入して上記10か所を含めて市内175か所を調査することになります。この調査では、市内の保育所・幼稚園・小中学校などの施設が網羅されます。

しかしこの調査は、市独自に測定機器を購入した後に実施することとしているため、時間がかかる見通しです。早急な対応が求められると思います。

例えば、すぐに実施する調査の対象拡大と前倒しなどの検討が必要です。また、自前の機器の購入を待たずとも、保育所・幼稚園・小中学校については外部委託して早急に調査を実施できないのか、早急に検討を求めたいと思います。
– – – – – (転載終了) – – – – –

広告
カテゴリー:被ばくと放射線 資料 タグ:
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。