ホーム > 福島第一原発事故 資料 > 東電プレスリリースバックアップ (4.26~4.30)

東電プレスリリースバックアップ (4.26~4.30)

当社福島第一原子力発電所1号機における燃料域上部まで原子炉格納容器を水で満たす措置の実施に係る報告の徴収について
平成23年4月30日
東京電力株式会社

本日、当社は、経済産業省原子力安全・保安院より、核原料物質、核燃料物質及
び原子炉の規則に関する法律(昭和32年法律第166号)第67条第1項に基づく報告
の徴収の指示をいただきました。
当社といたしましては、この指示文書*に基づき、福島第一原子力発電所第1号
機における燃料域上部まで原子炉格納容器を水で満たす措置の実施に関して、原子
炉の安定的な冷却への効果および安全性の評価について、その内容を取りまとめ、
速やかに同院へ報告いたします。

* 指示文書
福島第一原子力発電所1号機における燃料域上部まで原子炉格納容器を水で満
たす措置の実施に係る報告の徴収について
平成23・04・30原第1号
平成23 年4 月30 日

当省は、貴社が実施する応急の措置の妥当性を検証するため、核原料物質、核燃
料物質及び原子炉の規則に関する法律(昭和32年法律第166号)第67条第1項の規
定に基づき、貴社に対し、下記の事項について速やかに報告するよう指示する。
この処分について不服がある場合には、行政不服審査法(昭和37年法律第160号)
第6条の規定に基づき、この処分があったことを知った日の翌日から起算して60日
以内に、書面により経済産業大臣に対して異議申立てをすることができる。ただし、
処分があったことを知った日の翌日から起算して60日以内であっても、処分の日の
翌日から起算して1年を経過すると、処分の異議申立てをすることができなくなる。
この処分の取消しの訴えは、行政事件訴訟法(昭和37年法律第139号)の規定に
より、上記の異議申立てに対する決定を経た後に、当該異議申立てに対する決定が
あったことを知った日の翌日から起算して6か月以内に、国(代表者法務大臣)を
被告として提起することができる。ただし、当該異議申立てに対する決定があった
ことを知った日の翌日から起算して6か月以内であっても、当該異議申立てに対す
る決定の日の翌日から起算して1年を経過したときは、処分の取消しの訴えを提起
することができなくなる。
なお、次の(1)から(3)までのいずれかに該当するときは、当該異議申立て
に対する決定を経ないで、この処分の取消しの訴えを提起することができる。
(1)異議申立てがあった日の翌日から起算して3か月を経過しても決定がないと
き。(2)処分、処分の執行又は手続の続行により生ずる著しい損害を避けるため
緊急の必要があるとき。(3)その他決定を経ないことにつき正当な理由があると
き。

貴社福島第一原子力発電所第1号機における燃料域上部まで原子炉格納容器を水
で満たす措置の実施に関して、それによる原子炉の安定的な冷却への効果及び次に
掲げる安全性の評価について報告すること。

(1)原子炉格納容器内の水位上昇に伴う原子炉建屋及び原子炉格納容器に対す
る構造強度への影響及び耐震性
・原子炉格納容器内の水位上昇に伴う、原子炉建屋並びにドライウェル、
サプレッションチェンバー等を始めとする原子炉格納容器の構造及び設
備の構造強度への影響評価結果
・原子炉建屋並びに原子炉格納容器の構造及び設備が設計用地震力に十分
耐えられるかに関する評価結果
(2)水位上昇により原子炉格納容器内の圧力が高まることによる影響
・原子炉格納容器内の水位上昇に伴う、原子炉格納容器内の圧力の上昇の
見通し
・上記見通しを踏まえた、原子炉格納容器内の圧力低減措置の必要性の検
証結果
(3)タービン建屋漏えい水の増加による影響
・1号機タービン建屋から漏えいしている又は今後漏えいする可能性があ
る水量の見通し及びその外部への漏えいの可能性
(4)その他燃料域上部まで原子炉格納容器を水で満たす措置の実施に係る安全
性の評価に当たって必要な事項

以 上
http://www.tepco.co.jp/en/press/corp-com/release/11043012-e.html
Press Release (Apr 30,2011)
Instruction to submit report regarding the implementation of a measure to flood primary containment vessel to the upper area of fuel range in Unit 1 of Fukushima Daiichi Nuclear Power Station

Today we have received instruction from Nuclear and Industrial Safety
Agency (NISA) to submit report based on article 67, clause 1 of Act on the
Regulation of Nuclear Source Material, Nuclear Fuel Material and Reactors
(law number 166, 1957).

We will evaluate the effect to stable reactor cooling and safety of a
measure to flood primary containment vessel to the upper area of fuel
range in Unit 1 of Fukushima Daiichi Nuclear Power Station and report to
NISA.

*Instruction Notice
Submission of report regarding the implementation of a measure to flood
primary containment vessel to the upper area of fuel range in Unit 1 of
Fukushima Daiichi Nuclear Power Station

NISA no.1, 2011.4.30
April 30, 2011

NISA hereby instructs TEPCO to report the following matters in timely
manner based on article 67, clause 1 of Act on the Regulation of Nuclear
Source Material, Nuclear Fuel Material and Reactors in order to evaluate
the appropriateness of an emergency measure planned by TEPCO.

In case TEPCO disagrees with this instruction, it is entitled to make a
formal objection in writing to the minister of economy, trade, and
industry based on Administrative Appeal Act (law number 160, 1962) within
60 days from the next day when it recognizes the instruction. However, it
is not entitled to do so after one year from the next day of the
instruction even if within 60 days from the next day when it recognizes
the instruction.

After the treatment of a formal objection is determined, action for
rescission of a disposition can be made against the government
(representative: ministry of law) based on Administrative Case Litigation
Act (law number 139, 1962) within 6 month from the next day when it
recognizes the determination of treatment of a formal objection. However,
it is not entitled to do so after one year from the next day of the
determination even if within 6 months from the next day when it recognizes
the determination.

In case of the followings, TEPCO is entitled to make action for rescission
of a disposition without the determination of treatment of a formal
objection. 1: treatment is not determined within 3 month from the next day
when a formal objection is made. 2. there is urgent need to avoid
significant damage caused by disposal, execution of disposal and
continuation of execution. 3. there is a justifiable ground for not having
determination of treatment.

Submission of report regarding the effect to stable reactor cooling and
safety of a measure to flood primary containment vessel to the upper area
of fuel range in Unit 1 of Fukushima Daiichi Nuclear Power Station.

1.impact on structural strength and earthquake resistance of reactor
building and primary containment vessel from the water level increase in
primary containment vessel
* Result of impact analysis on the structural strength of structure and
facilities in primary containment vessel including reactor building, dry
well, and suppression chamber from the water level increase in primary
containment vessel
* Result of evaluation whether reactor building and structure and
facilities in primary containment vessel can sustain the designed
seismic force.
2.impact from the pressure increase inside primary containment vessel.
* Estimation of the pressure increase inside primary containment vessel
from the water level increase
* Result of the analysis on the necessity of countermeasure to reduce
the pressure inside primary containment vessel considering the above
estimation.
3.impact from the increase of leaking water in turbine building
* Estimation of amount of leaking water at present and in the future and
possibility of leakage to outside environment.
4.Other issues relating to safety evaluation regarding the implementation
of a measure to flood primary containment vessel to the upper area of
fuel range.

福島第一原子力発電所2号機取水口付近からの放射性物質を含む液体の海への流出について(続報26)
平成23年4月30日
東京電力株式会社

平成23年4月2日、午前9時30分頃、2号機の取水口付近にある電源ケーブル
を納めているピット*内に1000ミリシーベルト/時を超える水が貯まっているこ
と、およびピット側面のコンクリート部分に長さ約20センチメートルの亀裂があ
り、当該部分よりピット内の水が海に流出していることを発見いたしました。そ
の後、午後0時20分頃、再度、同状況を現場にて確認いたしました。
ピット内の水およびピット近傍のバースクリーン前の海水のサンプリングを実
施し、福島第二原子力発電所へ送って分析しています。

4月6日、午前5時38分頃、ピット側面のコンクリート部分からの海への流出
が止まったことを確認いたしました。現在、止水状況をさらに完全なものとする
ため、当該箇所に漏水防止のための補強を施し、凝固剤注入の継続を含めた今後
の対策を検討してまいります。また、2号機タービン建屋内の水位に変化がない
ことを確認しております。今後、その他の漏えいの有無を確認してまいります。

4月5日より、ピット内の水およびピット近傍のバースクリーン前等の海水に
ついて、サンプリング調査を行っておりますが、本調査結果におけるヨウ素-131、
セシウム-134、セシウム-137の3核種については確定値としてお知らせすること
とし、その他の核種については、4月1日の原子力安全・保安院による厳重注意
を受けて策定した再発防止に係る方針に基づき、今後、再評価を実施することと
しております。

4月12日より、シルトフェンスの設置に伴い、サンプリング箇所を4号機バー
スクリーン前から1~4号機取水口内南側、北側へ変更しており、4月17日から
は、シルトフェンスの設置による影響を確認するため、2号機バースクリーン前
のシルトフェンスの外側においてもサンプリング調査を実施しております。
(お知らせ済み)

平成23年4月29日、ピット内の水およびピット近傍のバースクリーン前等の海
水について、サンプリングを行い、放射性物質の核種分析を行った結果、別紙の
通り、放射性物質が検出されたことから、本日、分析結果をとりまとめて、原子
力安全・保安院ならびに福島県へ連絡いたしました。

以 上

*ピット
コンクリート製の立坑

添付資料
・別紙:物揚場前、2号機スクリーン、1~4号機取水口内 海水核種分析結果
(PDF 10.7KB)
・参考:海水放射能濃度(PDF 21.3KB)

http://www.tepco.co.jp/en/press/corp-com/release/11043009-e.html
Press Release (Apr 30,2011)
Out flow of fluid containing radioactive materials to the ocean from areas near intake canal of Fukushima Daiichi Nuclear Power Station Unit 2 (continued report 26)

At around 9:30 am on April 2nd, 2011, we detected water containing
radiation dose over 1,000 mSv/h in the pit* where power supply cables are
stored near the intake channel of Unit 2. Furthermore, there was a crack
of about 20 cm length on the concrete lateral of the pit, from where the
water in the pit was outflowing to the ocean. At around 12:20 pm on April
2nd, we reaffirmed the event at the scene.
We have implemented sampling of the water in the pit, together with the
seawater in front of the bar screen near the pit. These samples were sent
to Fukushima Daini Nuclear Power Station for analyses.

At around 5:38 am on April 6th, we have observed stoppage of spilling of
water to the ocean from the crack on the concrete lateral of the pit. For
the sake of completeness, we put further reinforcement for the stoppage of
leakage and consider countermeasures including continuous injection of
coagulant. We also note the water level of the turbine building of Unit 2
remains unchanged. We will further investigate if there is any other
leakage.

Since April 5th we have been conducting sampling surveys of the water in
the pit and the seawater in front of the bar screen near the pit.
Regarding the survey results of the detection of three nuclides (iodine 131,
cesium 134, cesium 137), we report those as definite results. As for other
nuclides, we will revaluate in accordance with the preventive measures
formulated after receiving a warning from Nuclear and Industrial Safety
Agency (NISA) on April 1st.

On April 12th, due to the installation of silt fences, we changed the
sampling points from the front of the bar screen of Unit 4 to the north
and the south of the inside of the water intake canal of Units 1 to 4.
Since April 17th, we have been conducting an additional sampling survey
outside the silt fence in front of the bar screen of Unit 2, in order to
assess the effect of the installation of the silt fence.
(Previously announced)

On April 29th, 2011, we conducted sampling survey of the water in the pit
and the seawater in front of the bar screen near the pit, and conducted
nuclide analysis of radioactive materials in the water. As a result, some
radioactive materials were detected as described in the exhibit.
Accordingly, we have reported the result of the analysis to NISA and the
government of Fukushima Prefecture.

* pit: a vertical shaft made of concrete

Appendix:Result of Nuclide Analysis of the seawater at the shallow draft
quay, Unit 2 screen, and the water intake canal of Unit 1-4
(PDF 12.4KB)
Appendix:Radioactivity density of seawater(PDF 21.4KB)

福島第一原子力発電所付近の海水からの放射性物質の検出について(第三十八報)
平成23年4月30日
東京電力株式会社

平成23年3月21日、周辺環境のモニタリングの一環として、東北地方太平洋沖地
震で被災した福島第一原子力発電所の放水口付近(南側)において、海水に含まれ
る放射性物質のサンプリング調査を行った結果、放射性物質が検出されたことから、
原子力安全・保安院ならびに福島県へ連絡いたしました。
3月22日より、福島第一原子力発電所沿岸部におけるサンプリングについては、
4箇所(うち2箇所については、3月26日より、1日各2回実施)で実施しており
ます。

また、4月17日より、福島第一原子力発電所の沖合3km地点4箇所(4月26日よ
り2箇所追加、計6箇所)、沖合8km地点2箇所、沖合15km地点6箇所でサンプリ
ングを実施しており、その評価結果もあわせて連絡しております。

なお、本調査結果におけるヨウ素-131、セシウム-134、セシウム-137の3核種に
ついては確定値としてお知らせすることとし、その他の核種については、4月1日
の原子力安全・保安院による厳重注意を受けて策定した再発防止に係る方針に基づ
き、今後、再評価を実施することとしております。
(お知らせ済み)

平成23年4月29日、福島第一原子力発電所で検出された放射性物質の海洋への拡
散を評価するためサンプリング調査を行い、別紙のとおり、放射性物質が検出され
たことから、本日、原子力安全・保安院ならびに福島県へ連絡いたしました。

今後も、同様のサンプリング調査を実施することとしております。

以 上

・添付資料:海水核種分析結果(PDF 14.4KB)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/betu11_j/images/110430f.pdf
・参考資料:海水放射能濃度(PDF 86.1KB)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/betu11_j/images/110430g.pdf

http://www.tepco.co.jp/en/press/corp-com/release/11043007-e.html
Press Release (Apr 30,2011)
Detection of Radioactive Materials from Seawater near Fukushima Daiichi Nuclear Power Station (38th release)

On March 21st, 2011, we conducted sampling surveys, as a part of
monitoring of surrounding environments, and detected radioactive materials
in the seawater around the water discharge canal (of the south side) of
Fukushima Daiichi Nuclear Power Station, which was damaged by the
Tohoku – Pacific Ocean Earthquake. Therefore, we informed Nuclear and
Industrial Safety Agency (NISA) and the government of Fukushima Prefecture
of the results.
Since March 22nd, we have conducted seawater sampling surveys at four
points off the shore of Fukushima Daiichi Nuclear Power Station (twice a
day at two points out of such four points since March 26th).

Since April 17, we have also conducted sampling surveys at four points
(2 points are added since April 26, total of 6 points) of 3 km off the
shore of Fukushima Daiichi Nuclear Power Station, two points of 8 km off
the shore of the Power Station and 6 points of 15 km off the shore of the
Power Station and informed them of evaluation results.

The data of three detected nuclides (Iodine-131, Cesium-134 and Cesium-137)
will be reported as fixed data. Other nuclide figures are to be
re-evaluated based on the improved measures for recurrence prevention
which have been prepared in accordance to a warning from NISA on April 1st.
(Previously announced)

On April 29th, 2011, we conducted sampling surveys to evaluate the spread
of radioactive materials to the ocean which were detected at Fukushima
Daiichi Nuclear Power Station. Since the radioactive materials were
detected as shown in the exhibit, we informed NISA and the government of
Fukushima Prefecture of the results.

We will continuously conduct the same sampling surveys.

Appendix1:Results of Nuclide Analysis of Seawater (PDF 15.4KB)
http://www.tepco.co.jp/en/press/corp-com/release/betu11_e/images/110430e4.pdf
Appendix2:Radioactivity Density of Seawater (PDF 56.1KB)
http://www.tepco.co.jp/en/press/corp-com/release/betu11_e/images/110430e5.pdf

福島第一原子力発電所敷地内における空気中の放射性物質の核種分析の結果について(第三十六報)
平成23年4月30日
東京電力株式会社

平成23年3月22日、周辺環境のモニタリングの一環として、東北地方太平洋沖地
震で被災した福島第一原子力発電所の敷地内において採取した空気中に含まれる放
射性物質の核種分析を行った結果、放射性物質が検出されたことから、分析結果を
とりまとめて、原子力安全・保安院ならびに福島県へ連絡いたしました。

なお、本調査結果におけるヨウ素-131、セシウム-134、セシウム-137の3核種に
ついては確定値としてお知らせすることとし、その他の核種については、4月1日
の原子力安全・保安院による厳重注意を受けて策定した再発防止に係る方針に基づ
き、今後、再評価を実施することとしております。
(お知らせ済み)

平成23年4月29日、福島第一原子力発電所の敷地内において、同日に採取した空
気中に含まれる放射性物質の核種分析を行った結果、別紙の通り、放射性物質が検
出されたことから、本日、分析結果をとりまとめて、原子力安全・保安院ならびに
福島県へ連絡いたしました。

今後も、同様のサンプリング調査を実施することとしております。

以 上

添付資料:発電所敷地内における空気中放射性物質の核種分析結果(PDF 10.7KB)
参考資料1:福島第一 ダスト核種分析結果(PDF 10.7KB)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/betu11_j/images/110430d.pdf
参考資料2:福島第二 ダスト核種分析結果(PDF 38.1KB)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/betu11_j/images/110430e.pdf

Press Release (Apr 30,2011)
http://www.tepco.co.jp/en/press/corp-com/release/11043008-e.html
The results of nuclide analyses of radioactive materials in the air at the site of Fukushima Daiichi Nuclear Power Station (36th release)

On March 22nd, 2011, as a part of monitoring activity of the surrounding
environments, we conducted nuclide analyses of radioactive materials
contained in the air which were collected at the site of Fukushima Daiichi
Nuclear Power Station, which was damaged by the Tohoku- Chihou-Taiheiyou-Oki
Earthquake. As a result, radioactive materials were detected and therefore,
we summarized the results and reported them to Nuclear and Industry Safety
Agency (NISA) as well as to the government of Fukushima Prefecture.

The three nuclides (Iodine-131, Cesium-134 and Cesium-137) are to be
released as fixed figures, and the other nuclide figures are to be
revaluated in accordance with the preventive measures formulated after the
warning from NISA on April 1st.
(Previously announced)

On April 29th, 2011, we conducted nuclide analyses of radioactive materials
contained in the air which was collected at the site of Fukushima Daiichi
Nuclear Power Station on the same day. As a result, some radioactive
materials were detected as described in the exhibit. Accordingly, today we
have reported the result of the analyses to NISA and the government of
Fukushima Prefecture.

We will continuously conduct the same sampling surveys.

Appendix: The result of the nuclide analysis of radioactive materials in
the air at the site of Fukushima Nuclear Power Station
(PDF 52.3KB)
http://www.tepco.co.jp/en/press/corp-com/release/betu11_e/images/110430e6.pdf ←★ファイルがおかしい
Appendix: Fukushima Daiichi: the result of the dust nuclide analysis
(PDF 35.3KB)
http://www.tepco.co.jp/en/press/corp-com/release/betu11_e/images/110430e7.pdf
Appendix: Fukushima Daini: the result of the dust nuclide analysis
http://www.tepco.co.jp/en/press/corp-com/release/betu11_e/images/110430e8.pdf
(PDF 36.0KB)

福島第一原子力発電所緊急時作業に係る被ばく線量の測定結果について
平成23年4月30日
東京電力株式会社

当社は、福島第一原子力発電所における緊急時作業に係る線量限度*1を超過しないよう、外部被ばく線量が高い者に対して優先的に内部被ばく線量を測定し、被ばく線量の確定作業*2を順次実施しております。
本日、平成23年3月末時点での緊急時作業にかかる外部被ばく線量100ミリシーベルト超過者の被ばく線量の測定結果がまとまりましたのでお知らせいたします。

1.対象者
21名
(平成23年3月末時点での緊急時作業にかかる外部被ばく線量100ミリシーベルト超過者)

2.被ばく線量の測定結果(内部被ばく、外部被ばくの合計値と人数)
200ミリシーベルト~250ミリシーベルト:2名
150ミリシーベルト~200ミリシーベルト:8名
100ミリシーベルト~150ミリシーベルト:11名

3.被ばく線量の最大値
外部被ばく線量:201.80ミリシーベルト
内部被ばく線量:39ミリシーベルト
実効線量:240.80ミリシーベルト(内部被ばく、外部被ばくの合計値)

以 上

*1 線量限度
原子力緊急事態宣言がなされた日から解除宣言がなされた日までの間、緊急事態応急対策実施区域において、特にやむを得ない緊急の場合の線量限度を250ミリシーベルトと規定。

*2 被ばく線量の確定作業
作業に伴う被ばく線量に、免震重要棟内に滞在中の被ばく線量を評価・加算するとともに、内部被ばくの預託実効線量を評価する作業。

Press Release (Apr 30,2011)
Result of the exposure dose measurement during the emergency work at Fukushima Daiichi Nuclear Power Station

In order to prevent the situation that exposure dose of each worker
exceeds the statutory exposure dose limits*1 during the emergency work at
Fukushima Daiichi Nuclear Power Station, we have implemented the
determination of exposure dose*2 by measuring internal exposure of workers
with high external exposure dose.
We hereby disclose the result of measurement as the determination of
exposure dose for the workers with more than 100 mSv of external exposure
dose at the end of March completed.

1.Number of workers subject to the measurement
21 (workers with more than 100 mSv of external exposure dose during the
emergency work at the end of March)

2.Result of measurement (total exposure dose from external and internal
exposure and number of workers)
200-250 mSv: 2
150-200 mSv: 8
100-150 mSv: 11

3.Maximum exposure dose
External exposure dose: 201.80 mSv
Internal exposure dose: 39 mSv
Effective exposure dose: 240.80 mSv(total dose from external and
internal exposure)

*1: exposure dose limit
The exposure dose limit for the emergency situation in the emergency
response measures implementation area from the day of declaration of
a nuclear emergency situation until the day of cancellation of such
declaration is stipulated to be 250 mSv.

*2: determination of exposure dose
Determining the exposure dose by adding exposure dose during the stay in
Main Anti-Earthquake Building to the exposure dose during the work and
evaluating the committed effective dose of internal exposure.

http://www.tepco.co.jp/cc/press/11043001-j.html
東北地方太平洋沖地震による影響などについて
【午前9時現在】
平成23年4月30日
東京電力株式会社

平成23年3月11日に発生いたしました三陸沖を震源とする東北地方太平洋沖地
震により、当社の原子力発電所をはじめとした設備等が大きな被害を受けるなか
で、立地地域の皆さまをはじめ、広く社会の皆さまに大変なご心配とご迷惑をお
かけしておりますことに対し、心よりお詫び申しあげます。
また、福島第一原子力発電所の事故に関し、4月17日、事故の収束に向けた、
当面の道筋を取りまとめました。原子炉および使用済燃料プールの安定的冷却状
態を確立し、放射性物質の放出を抑制することで、避難されている方々のご帰宅
の実現および国民の皆さまが安心して生活いただけるよう全力で取り組んでまい
ります。

当社設備への主な影響について、以下の通りお知らせいたします。
※下線部が新規事項(今回新規事項はありません。)

【原子力発電所】
・福島第一原子力発電所 1~3号機 地震により停止中
(4~6号機は定期検査中)

・福島第二原子力発電所 1~4号機 地震により停止中

・柏崎刈羽原子力発電所 1、5、6、7号機は通常運転中
(2~4号機は定期検査中)

【火力発電所】
・広野火力発電所 2、4号機 地震により停止中
・常陸那珂火力発電所 1号機 地震により停止中

【水力発電所】
・電気の供給については、すべて復旧済み
(ただし、設備損傷箇所については、適時対応中)

【流通設備等への影響】
・電気の供給については、すべて復旧済み
(ただし、設備損傷箇所については、適時対応中)

【計画停電の原則不実施と節電のお願いについて】
東北地方太平洋沖地震により原子力発電所、火力発電所の多くが被害を受け停
止したことから、現在、供給力の復旧・確保に全力で取り組んでおりますが、お
客さま各位の節電へのご関心、ご協力が広範囲にわたって浸透してきた結果、需
給バランスは著しく改善を見せております。
こうした状況を踏まえた当面の需給見通しに基づき、基調として需給バランス
が維持されることから、当社は、計画停電を「原則不実施」とすることといたし
ました。
なお、突発的な気象の変化等により電力需要が急増する可能性、あるいは、復
旧する発電所をはじめとした設備トラブルの発生も考えられることから、お客さ
まにおかれましては、引き続き節電への取組みを継続していただきますよう、お
願いいたします。万が一、需給逼迫が予想される場合には、予めお知らせした上
で、やむを得ず計画停電を実施することもあり得ますので、何卒ご理解、ご協力
のほどよろしくお願いいたします。
また、当社といたしましては、計画停電の「原則不実施」を、夏期においても
継続することを目指してまいります。

以 上

Press Release (Apr 30,2011)
Status of TEPCO’s Facilities and its services after the Tohoku-Chihou-Taiheiyou-Oki Earthquake (as of 9:00AM, April 30)

Due to the Tohoku-Chihou-Taiheiyou-Oki Earthquake which occurred on March
11th 2011, TEPCO’s facilities including our nuclear power stations have
been severely damaged. We deeply apologize for the anxiety and
inconvenience caused.
With regard to the accident at Fukushima Daiichi Nuclear Power Station,
on April 17th, we have put together the roadmap towards restoration from
the accident. By bringing the reactors and spent fuel pools to a stable
cooling condition and mitigating the release of radioactive materials, we
will make every effort to enable evacuees to return to their homes and
for all citizens to be able to secure a sound life.

Below is the status of TEPCO’s major facilities.
*There is no update this time from previous press release.

[Nuclear Power Station]
Fukushima Daiichi Nuclear Power Station:
Units 1 to 3: shutdown due to the earthquake
(Units 4 to 6: outage due to regular inspections)

Fukushima Daini Nuclear Power Station:
Units 1 to 4: shutdown due to the earthquake

Kashiwazaki Kariwa Nuclear Power Station:
Units 1, 5, 6, 7: normal operation
(Units 2 to 4: outage due to regular inspection)

[Thermal Power Station]
– Hirono Thermal Power Station Units 2 and 4: Shutdown due to the earthquake
– Hitachinaka Thermal Power Station Unit 1: Shutdown due to the earthquake

[Hydro Power Station]
– Power supply has returned to normal and facilities damaged by the
earthquake are now being handled in a timely manner.

[Impacts on Transmission Facilities]
– Power supply has returned to normal and facilities damaged by the
earthquake are now being handled in a timely manner.

[Avoidance of further Implementation on Planned Rolling Blackouts and
Request for Conserving Electricity Consumption]
Currently, we are working to restore electricity supply after our nuclear
and thermal power facilities were severely damaged by
Tohoku-Chihou-Taiheiyou-Oki Earthquake. The widespread understanding and
cooperation of our customers to conserve electricity have contributed to
the improvement of this tight power supply-demand balance situation.
Amidst this backdrop, since the electricity supply will be able to
balance with the demand for the time being, we have decided not to
implement further rolling blackouts in principle.
However, we sincerely ask for your continued cooperation in reducing
electricity consumption due to the possible increase in demand caused by
warmer weather or unexpected trouble at power stations that are currently
being restored to service. In case the electricity supply-demand balance
becomes tighter than expected, we may regrettably need to restart the
implementation of rolling blackouts, with prior notice. We kindly ask for
your cooperation.
We will do our best to maintain this policy of avoiding further
implementation of rolling blackouts during the summer.

◆Press Release (Apr 29,2011)
Plant Status of Fukushima Daiichi Nuclear Power Station (as of 3:00 pm, April 29)

*Updates are underlined

All 6 units of Fukushima Daiichi Nuclear Power Station have been shut down.

Unit 1 (Shut down)
– Explosive sound and white smoke were confirmed after the big quakeoccurred at 3:36 pm on March 12th. It was assumed to be hydrogen explosion.
– At approximately 2:30 am on March 23rd, seawater injection to the nuclear reactor through the feed water system was initiated.
– From 3:37 pm on March 25th, we started injecting freshwater and are now injecting fresh water by a motor driven pump powered by the off-site transmission line. From on April 27th, we have increased the amount of injecting freshwater from approximately 6 m 3/h to approximately 14 m 3/h. At 10:14 am on April 29, we put the amount of injecting
freshwater back to approximately 6 m 3/h.
– As it is suspected that hydrogen gas is accumulated inside reactor
containment vessel, we commenced the valve opening operation concerning
injection of nitrogen gas into the reactor container vessel at 10:30 pm
April 6th and commenced injection at 1:31am April 7th.

Unit 2(Shut down)
– At approximately 6:00 am on March 15th, an abnormal noise began emanating
from nearby Pressure Suppression Chamber and the pressure within the
chamber decreased.
– From 10:10 am on March 26th, we started injecting freshwater to the
reactor and are now injecting fresh water by a motor driven pump powered
by the off-site transmission line.

Unit 3(Shut down)
– Explosive sound and white smoke were confirmed at approximately 11:01am
on March 14th. It was assumed to be hydrogen explosion.
– From 6:02 pm on March 25th, we started injecting fresh water to the
reactor and are now injecting fresh water by a motor driven pump powered
by the off-site transmission line.

Unit 4 (outage due to regular inspection)
– At approximately 6:00 am on March 15th, we confirmed the explosive sound
and the sustained damage around the 5th floor rooftop area of the Nuclear
Reactor Building.
– At this moment, we do not consider any reactor coolant leakage inside the
reactor happened.

Unit 5 (outage due to regular inspection)
– Sufficient level of reactor coolant to ensure safety is maintained.
– At 5:00 am on March 19th, we started the Residual Heat Removal System
Pump (C) in order to cool the spent fuel pool.
– At 2:30 pm on March 20th, the reactor achieved reactor cold shutdown.
– At this moment, we do not consider any reactor coolant leakage inside the
reactor happened.

Unit 6 (outage due to regular inspection)
– Sufficient level of reactor coolant to ensure safety is maintained.
– At 10:14 pm on March 19th, we started the Residual Heat Removal System
Pump (B) of Unit 6 in order to cool the spent fuel pool.
– At 7:27 pm on March 20th, the reactor achieved reactor cold shutdown.
– At this moment, we do not consider any reactor coolant leakage inside the
reactor happened.

Operation for cooling the spent fuel pools
– We will continuously conduct further water spray depending on the
conditions of spent fuel pools, if needed.

Others
– From 1:30 pm on April 26th, we started spraying dust inhibitor in order
to prevent diffusion of radioactive materials.
– At 10:08 am on April 19th we started transferring high level radioactive
wastewater to the Centralized Radiation Waste Treatment Facility. At 9:16
am on April 29th, we temporarily suspended transferring due to the
inspection of transferring facilities. We plan to restart transferring
tomorrow afternoon.
– From 11:36 am to 2:05 pm on April 29, we have checked the status inside
the reactor building of Unit 1 using remotely-controlled robot and
confirmed that there was no significant water leakage from the primary
containment vessel.
– We will continue to take all measures to ensure the safety and to
continue monitoring the surrounding environment around the power station.

◆http://www.tepco.co.jp/cc/press/11042907-j.html
東北地方太平洋沖地震による影響などについて【午後4時現在】

平成23年4月29日
東京電力株式会社

平成23年3月11日に発生いたしました三陸沖を震源とする東北地方太平洋沖地震
により、当社の原子力発電所をはじめとした設備等が大きな被害を受けるなかで、
立地地域の皆さまをはじめ、広く社会の皆さまに大変なご心配とご迷惑をおかけし
ておりますことに対し、心よりお詫び申しあげます。
また、福島第一原子力発電所の事故に関し、4月17日、事故の収束に向けた、当
面の道筋を取りまとめました。原子炉および使用済燃料プールの安定的冷却状態を
確立し、放射性物質の放出を抑制することで、避難されている方々のご帰宅の実現
および国民の皆さまが安心して生活いただけるよう全力で取り組んでまいります。

当社設備への主な影響について、以下の通りお知らせいたします。
※下線部が新規事項

【原子力発電所】
・福島第一原子力発電所 1~3号機 地震により停止中
(4~6号機は定期検査中)

※原子炉内の燃料を冠水させるために適切な注水量の検討を行うことを目的として、
4月27日午前10時2分、原子炉注水量を約6m3/hから増加させる操作を開始。
パラメータの監視により約10m3/hで注水を続けていたが、4月29日午前10時
14分より注入量を約6m3/hに戻し、注水継続中。

※4月25日、文部科学省により茨城県沖合海域5箇所におけるモニタリングに着手。
その一環として4月29日、海上保安庁が海水の採取を実施し、当社にて放射性物
質の各種分析を実施。よう素-131、セシウム-134、セシウム-137を検出。今後、
より詳細な評価を実施予定。

※4月19日午前10時8分、2号機タービン建屋立坑内から集中廃棄物処理施設への
水の移送を開始。移送設備の点検および監視機能等の増強作業のため、4月29日
午前9時16分に一旦移送を中断。今後移送再開予定。

※4月29日、無人クローラーダンプにより、4号機タービン建屋東側において、地
面の放射性物質の飛散を防ぐ飛散防止剤を約7,000m2の範囲に散布。
4月29日、従来の方法により、5号機原子炉建屋山側他において、飛散防止剤を
約5,800m2の範囲に散布。

※4月29日午前11時36分~午後2時5分、遠隔操作ロボットによる1号機原子炉建
屋内の現場確認を実施し、原子炉格納容器から有意な水漏れがないことを確認。

・福島第二原子力発電所 1~4号機 地震により停止中

・柏崎刈羽原子力発電所 1、5、6、7号機は通常運転中
(2~4号機は定期検査中)

【火力発電所】
・広野火力発電所 2、4号機 地震により停止中
・常陸那珂火力発電所 1号機 地震により停止中

【水力発電所】
・電気の供給については、すべて復旧済み
(ただし、設備損傷箇所については、適時対応中)

【流通設備等への影響】
・電気の供給については、すべて復旧済み
(ただし、設備損傷箇所については、適時対応中)

【計画停電の原則不実施と節電のお願いについて】
東北地方太平洋沖地震により原子力発電所、火力発電所の多くが被害を受け停止
したことから、現在、供給力の復旧・確保に全力で取り組んでおりますが、お客さ
ま各位の節電へのご関心、ご協力が広範囲にわたって浸透してきた結果、需給バラ
ンスは著しく改善を見せております。
こうした状況を踏まえた当面の需給見通しに基づき、基調として需給バランスが
維持されることから、当社は、計画停電を「原則不実施」とすることといたしまし
た。
なお、突発的な気象の変化等により電力需要が急増する可能性、あるいは、復旧
する発電所をはじめとした設備トラブルの発生も考えられることから、お客さまに
おかれましては、引き続き節電への取組みを継続していただきますよう、お願いい
たします。万が一、需給逼迫が予想される場合には、予めお知らせした上で、やむ
を得ず計画停電を実施することもあり得ますので、何卒ご理解、ご協力のほどよろ
しくお願いいたします。
また、当社といたしましては、計画停電の「原則不実施」を、夏期においても継
続することを目指してまいります。

以 上
添付資料

◆http://www.tepco.co.jp/cc/press/11042906-j.html
福島第一原子力発電所4号機使用済燃料プール水の分析結果について(続報)

平成23年4月29日
東京電力株式会社

平成23年4月22日より、福島第一原子力発電所4号機の使用済燃料プールの水位
について調査しておりましたが、その調査の一環で、4月28日にプール水約150mlを
採取いたしました。
翌4月29日、採取したプール水について放射性物質の核種分析を行った結果、別
紙の通り、放射性物質が検出されました。

今後、より詳細な評価を行ってまいります。
以 上

添付資料
・別紙:福島第一原子力発電所4号機使用済燃料プール水の分析結果(続報)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/betu11_j/images/110429l.pdf

◆◆Press Release (Apr 29,2011)
Results of analysis of spent fuel pool water of Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant Unit 4 (Update)
http://www.tepco.co.jp/en/press/corp-com/release/11042909-e.html

We, Tokyo Electric Power Company, have been observing the water level of
the spent fuel pool of Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant Unit 4 since
April 22nd, 2011. In the course of the observation, we collected 150ml
pool water on April 28th.
As a result of nuclide analysis of radioactive materials contained in the
pool water on April 29th, radioactive materials were detected as shown in
the appendix.
We will further evaluate the matter in detail.

Appendix: Results of analysis of spent fuel pool water of Fukushima
Daiichi Nuclear Power Plant Unit 4 (Update) (PDF 10.2KB)

◆福島第一原子力発電所2号機取水口付近からの放射性物質を含む液体の海への流出について(続報25)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/11042905-j.html
平成23年4月29日
東京電力株式会社

平成23年4月2日、午前9時30分頃、2号機の取水口付近にある電源ケーブルを
納めているピット*内に1000ミリシーベルト/時を超える水が貯まっていること、
およびピット側面のコンクリート部分に長さ約20センチメートルの亀裂があり、当
該部分よりピット内の水が海に流出していることを発見いたしました。その後、午
後0時20分頃、再度、同状況を現場にて確認いたしました。
ピット内の水およびピット近傍のバースクリーン前の海水のサンプリングを実施
し、福島第二原子力発電所へ送って分析しています。

4月6日、午前5時38分頃、ピット側面のコンクリート部分からの海への流出が
止まったことを確認いたしました。現在、止水状況をさらに完全なものとするため、
当該箇所に漏水防止のための補強を施し、凝固剤注入の継続を含めた今後の対策を
検討してまいります。また、2号機タービン建屋内の水位に変化がないことを確認
しております。今後、その他の漏えいの有無を確認してまいります。

4月5日より、ピット内の水およびピット近傍のバースクリーン前等の海水につ
いて、サンプリング調査を行っておりますが、本調査結果におけるヨウ素-131、セ
シウム-134、セシウム-137の3核種については確定値としてお知らせすることとし、
その他の核種については、4月1日の原子力安全・保安院による厳重注意を受けて
策定した再発防止に係る方針に基づき、今後、再評価を実施することとしておりま
す。

4月12日より、シルトフェンスの設置に伴い、サンプリング箇所を4号機バース
クリーン前から1~4号機取水口内南側、北側へ変更しており、4月17日からは、
シルトフェンスの設置による影響を確認するため、2号機バースクリーン前のシル
トフェンスの外側においてもサンプリング調査を実施しております。
(お知らせ済み)

平成23年4月28日、ピット内の水およびピット近傍のバースクリーン前等の海水
について、サンプリングを行い、放射性物質の核種分析を行った結果、別紙の通り、
放射性物質が検出されたことから、本日、分析結果をとりまとめて、原子力安全・
保安院ならびに福島県へ連絡いたしました。

以 上
*ピット
コンクリート製の立坑

添付資料
・別紙:物揚場前、2号機スクリーン、1~4号機取水口内 海水核種分析結果(PDF 10.7KB)
・参考:海水放射能濃度(PDF 21.1KB)

http://www.tepco.co.jp/en/press/corp-com/release/11042908-e.html
◆◆Press Release (Apr 29,2011)
Out flow of fluid containing radioactive materials to the ocean from areas near intake canal of Fukushima Daiichi Nuclear Power Station Unit 2 (continued report 25)

At around 9:30 am on April 2nd, 2011, we detected water containing
radiation dose over 1,000 mSv/h in the pit* where power supply cables are
stored near the intake channel of Unit 2. Furthermore, there was a crack
of about 20 cm length on the concrete lateral of the pit, from where the
water in the pit was outflowing to the ocean. At around 12:20 pm on April
2nd, we reaffirmed the event at the scene.
We have implemented sampling of the water in the pit, together with the
seawater in front of the bar screen near the pit. These samples were sent
to Fukushima Daini Nuclear Power Station for analyses.

At around 5:38 am on April 6th, we have observed stoppage of spilling of
water to the ocean from the crack on the concrete lateral of the pit. For
the sake of completeness, we put further reinforcement for the stoppage of
leakage and consider countermeasures including continuous injection of
coagulant. We also note the water level of the turbine building of Unit 2
remains unchanged. We will further investigate if there is any other
leakage.

Since April 5th we have been conducting sampling surveys of the water in
the pit and the seawater in front of the bar screen near the pit. Regarding
the survey results of the detection of three nuclides (iodine 131,
cesium 134, cesium 137), we report those as definite results. As for other
nuclides, we will revaluate in accordance with the preventive measures
formulated after receiving a warning from Nuclear and Industrial Safety
Agency (NISA) on April 1st.

On April 12th, due to the installation of silt fences, we changed the
sampling points from the front of the bar screen of Unit 4 to the north
and the south of the inside of the water intake canal of Units 1 to 4.
Since April 17th, we have been conducting an additional sampling survey
outside the silt fence in front of the bar screen of Unit 2, in order to
assess the effect of the installation of the silt fence.
(Previously announced)

On April 28th, 2011, we conducted sampling survey of the water in the pit
and the seawater in front of the bar screen near the pit, and conducted
nuclide analysis of radioactive materials in the water. As a result, some
radioactive materials were detected as described in the exhibit.
Accordingly, we have reported the result of the analysis to NISA and the
government of Fukushima Prefecture.

* pit: a vertical shaft made of concrete

Appendix: Result of Nuclide Analysis of the seawater at the shallow draft
quay, Unit 2 screen, and the water intake canal of Unit 1-4
(PDF 11.3KB)
Appendix: Radioactivity density of seawater(PDF 21.2KB)

http://www.tepco.co.jp/cc/press/11042904-j.html
◆福島第一原子力発電所敷地内における空気中の放射性物質の核種分析の結果について(第三十五報)
平成23年4月29日
東京電力株式会社

平成23年3月22日、周辺環境のモニタリングの一環として、東北地方太平洋沖地
震で被災した福島第一原子力発電所の敷地内において採取した空気中に含まれる放
射性物質の核種分析を行った結果、放射性物質が検出されたことから、分析結果を
とりまとめて、原子力安全・保安院ならびに福島県へ連絡いたしました。

なお、本調査結果におけるヨウ素-131、セシウム-134、セシウム-137の3核種に
ついては確定値としてお知らせすることとし、その他の核種については、4月1日
の原子力安全・保安院による厳重注意を受けて策定した再発防止に係る方針に基づ
き、今後、再評価を実施することとしております。
(お知らせ済み)

平成23年4月28日、福島第一原子力発電所の敷地内において、同日に採取した空
気中に含まれる放射性物質の核種分析を行った結果、別紙の通り、放射性物質が検
出されたことから、本日、分析結果をとりまとめて、原子力安全・保安院ならびに
福島県へ連絡いたしました。

今後も、同様のサンプリング調査を実施することとしております。

以 上

添付資料:発電所敷地内における空気中放射性物質の核種分析結果(PDF 66.9KB)
参考資料1:福島第一 ダスト核種分析結果(PDF 38.0KB)
参考資料2:福島第二 ダスト核種分析結果(PDF 15.2KB)

茨城県沖合海域にて採取した海水の放射性物質の核種分析結果について
http://www.tepco.co.jp/cc/press/11042902-j.html
平成23年4月29日
東京電力株式会社

文部科学省におかれましては、平成23年4月25日、茨城県沖合海域5箇所におけ
るモニタリングに着手されております。その一環として、同日、海上保安庁が海水
の採取を実施され、その海水について、今回、当社が放射性物質の核種分析を行い
ましたので、その結果をお知らせします。

以 上

・添付資料:海水核種分析結果<茨城県沖 海上保安庁 測量船「明洋」採取> (PDF 41.5KB)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/betu11_j/images/110429b.pdf
・参考資料:茨城県調査位置図(PDF 95.2KB)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/betu11_j/images/110429c.pdf

◆原子力施設の耐震安全性に係る新たな科学的・技術的知見の継続的な収集及び評価への反映等のための取り組みに関する経済産業省原子力安全・保安院への報告について
http://www.tepco.co.jp/cc/press/11042809-j.html
平成23年4月28日
東京電力株式会社

当社は、平成21年5月8日に経済産業省原子力安全・保安院より受領した指示文
書*に基づき、原子力施設の耐震安全性に係る新たな科学的・技術的知見の収集に
取り組んでまいりましたが、本日、平成22年度(平成22年4月1日~平成23年3月
31日)の当社の取組状況について、原子力安全・保安院に報告いたしましたのでお
知らせいたします。

当社の取り組みといたしまして、平成22年度に報告・発表などが行われた、耐震
安全性に関連する国の機関の報告、学会や協会などの大会報告・論文、雑誌などの
刊行物、海外情報などから、原子力施設の耐震安全性評価に関連する情報を含み、
耐震安全性および耐震裕度の再評価につながる可能性のある情報について整理いた
しました。

その結果、耐震安全性および、耐震裕度の評価に影響を及ぼす新知見情報はあり
ませんでした。

なお、平成23年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震に係る知見については、
今後明らかになる内容を検討、整理したうえで、反映すべき新知見については適宜
対応することといたします。

当社は今後とも、原子力施設の耐震安全性に係る新たな科学的・技術的知見の継
続的な収集に取り組んでまいります。

以 上

○別添資料
別添:原子力施設の耐震安全性に係る新たな科学的・技術的知見の継続的な収集
及び評価への反映等のための取組に基づく報告について(PDF 12.7KB)

* 経済産業省原子力安全・保安院からの指示文書(平成21年5月8日)
「原子力施設の耐震安全性に係る新たな科学的・技術的知見の継続的な収集
及び評価への反映等のための取組について」
1.耐震安全性に係る新知見の収集や、新たな科学的・技術的知見の原子力
施設の耐震安全性の向上の取組への反映には時間を要することから、中
長期的な方針を策定し、計画的かつ着実に対応を進めていくこと。

2.敷地、敷地周辺の地質・地盤に関する情報収集及び自ら引き続き実施す
る地質・地盤調査や地震観測等、耐震安全性に係る新知見を幅広く収集
すること。
3.2.で収集した知見のうち、事業者において反映が必要と判断されたも
のを翌年度の4月末日までに当院に報告すること。
ただし、原子力施設の耐震安全性の向上のために特に重要と判断される
ものについては、速やかに当院に報告するとともに、ほかの原子力事業
者等に対して情報提供を図ること。
4.3.の事業者において反映が必要と判断されたものについて、品質保証
計画に基づく保安活動の一環として、原子力施設の耐震安全性の再確認
や補修工事等の取組を行うこと。

添付1:耐震安全性に係る情報の主な収集対象について(PDF 8.14KB)
添付2:原子力施設の耐震性に関する知見の整理フロー(PDF 13.5KB)

http://www.tepco.co.jp/cc/press/11042808-j.html
◆福島第二原子力発電所の原子炉施設保安規定の変更認可申請について
平成23年4月28日
東京電力株式会社

平成23年3月11日の東北地方太平洋沖地震に伴う津波の影響で、当社・福島第一
原子力発電所で発生した事故、および放射性物質の漏えいでは、発電所の周辺にお
住まいの皆さまをはじめ、福島県民の皆さま、さらに広く社会の皆さまに大変なご
心配とご迷惑をおかけいたしまして、心より深くお詫び申しあげます。
現在、政府・関係各省庁、自治体のご支援とご協力を仰ぎながら、緊密な連携の
もと、一日も早い事態の収束に向け、全力を挙げて取り組んでおります。

当社は、東北地方太平洋沖地震に伴う津波によって福島第一原子力発電所で発生
した事故を受け、実用発電用原子炉の設置、運転等に関する規則が改正*1(平成
23年3月30日付)されたこと、また、平成23年4月7日の宮城県沖地震によって東
北電力株式会社東通原子力発電所で発生した外部電源喪失事象を受け、非常用発電
設備の保安規定上の取扱いに関する経済産業省原子力安全・保安院指示*2(平成
23年4月9日付)が出されたことを受け、本日、福島第二原子力発電所の原子炉施
設保安規定*3変更申請をいたしましたので、お知らせいたします。

今回の変更内容は、以下のとおりです。
○津波によって交流電源を供給する全ての設備、海水を使用して原子炉施設を冷却
する全ての設備および使用済燃料プールを冷却する全ての設備の機能が喪失した
場合(以下、「電源機能等喪失時」という)において、原子炉施設の保全のため
の活動を行う体制を整備することの省令要求に基づき、以下の内容を明記。
・電源機能等喪失時における原子炉施設の保全のための活動を行うために必要
な計画を策定すること。
・電源機能等喪失時における原子炉施設の保全のための活動を行うために必要
な要員を配置すること。
・電源機能等喪失時における原子炉施設の保全のための活動を行う要員に対す
る訓練を実施すること。
・電源機能等喪失時における原子炉施設の保全のための活動を行うために必要
な電源車、消防自動車、消火ホースおよびその他資機材を配備すること。
・上記の措置について定期的に評価を行うとともに、評価の結果に基づき必要
な措置を講じること。

○省令における「運転上の制限*4」の解釈が、「原子炉が冷温停止および燃料交
換時において、非常用発電設備が2台動作可能であること」と見直されたことに
伴い、保安規定における停止中の非常用ディーゼル発電機に係る条文の「運転上
の制限」について、記載内容を変更。

以 上

添付資料:福島第二原子力発電所 原子炉施設保安規定変更比較表(PDF 18.2KB)

*1 実用発電用原子炉の設置、運転等に関する規則改正(平成23年3月30日)
今般の平成23年東北地方太平洋沖地震で発生した津波に対する福島第一原子力
発電所の影響を受けて、津波に対する原子炉施設の保全のための活動を行う体制
を整備するために実用発電用原子炉の設置、運転等に関する規則(昭和53年通商
産業省令第77号)及び研究開発段階にある発電の用に供する原子炉の設置、運転
等に関する規則(平成12年総理府令第122号)を改正するもの。
具体的には、保安措置として、原子炉設置者が、原子炉施設を設置した工場又
は事業所において、津波によって交流電源を供給する全ての設備、海水を使用し
て原子炉施設を冷却する全ての設備及び使用済燃料貯蔵槽を冷却する全ての設備
の機能が喪失した場合(以下「電源機能等喪失時」という。)における原子炉施
設の保全のための活動を行う体制を整備し、以下の措置を講じるとともに、原子
炉設置者が定める保安規定にも記載を追加し、平成23年4月28日までに変更認可
の申請を行うことが求められている。
(1)電源機能喪失時における原子炉施設の保全のための活動を行うために必要な
計画を策定すること。
(2)電源機能喪失時における原子炉施設の保全のための活動を行うために必要な
要員を配置すること。
(3)電源機能喪失時における原子炉施設の保全のための活動を行う要員に対する
訓練に関する措置を講じること。
(4)電源機能喪失時における原子炉施設の保全のための活動を行うために必要な
資機材を備え付けること。
(5)上記の措置について定期的に評価を行うとともに、評価の結果に基づき必要
な措置を講じること。

*2 原子力安全・保安院指示
「非常用発電設備の保安規定上の取扱いについて(指示)」(平成23年4月9
日)
平成23年4月7日宮城県沖地震が発生し、東北電力株式会社東通原子力発電所
において外部電源が喪失し、非常用発電設備が起動し、電源の確保を行ったが、
その後、外部電源が復旧したものの、非常用発電設備がトラブルにより停止し保
安規定上の運転上の制限を逸脱したとの報告を受けた。
現行の実用発電用原子炉の設置、運転等に関する規則(昭和53年通商産業省令
第77号)第16条7号等の保安規定の原子炉施設の運転に関することのうち、運転
上の制限の解釈は、定期検査中等の冷温停止状態及び燃料交換(使用済燃料貯蔵
槽に使用済燃料を貯蔵する場合を含む。以下同じ。)においては、原子炉ごとに
非常用発電設備1台が動作可能であることを必要としている。しかし、先般の平
成23年東北地方太平洋沖地震により発生した津波による福島第一原子力発電所の
事故を踏まえると、電源の確保が極めて重要であることから、当該解釈を見直す
こととし、原子炉ごとに、冷温停止状態及び燃料交換においては、必要な非常用
交流高圧電源母線に接続する非常用発電設備が2台動作可能(同一発電所に複数
炉ある場合には、必要な非常用交流高圧電源母線に他号機に設置された非常用発
電設備から受給可能な場合の台数を含む。)であることを必要とすることとする。
ついては、先月30日に指示した電源車、消防自動車、消火ホース等の配備を含
む緊急安全対策に直ちに着手することを求めるとともに、上記解釈を満たし、併
せて緊急安全対策の一環である平成23年経済産業省令第11号の改正後の実用発電
用原子炉の設置、運転等に関する規則等による保安規定の変更を本年4月28日ま
でに速やかに行うことを求める。

*3 原子炉施設保安規定
核原料物質、核燃料物質及び原子炉の規制に関する法律第37条第1項の規定に
基づき、原子炉設置者が原子力発電所の安全運転を行ううえで遵守すべき基本的
事項(運転管理・燃料管理・放射線管理・緊急時の処置など)を定めたもので、
国の認可をうけている。

*4 運転上の制限
原子炉施設保安規定では、原子炉の運転に関し、「運転上の制限」や「運転上
の制限を満足しない場合に要求される措置」等が定められており、運転上の制限
を満足しない場合には、要求される措置に基づき対応することになっている。

◆福島第一原子力発電所タービン建屋付近のサブドレンからの放射性物質の検出について
http://www.tepco.co.jp/cc/press/11042807-j.html

平成23年4月28日
東京電力株式会社

平成23年3月28日、原子力安全委員会より福島第一原子力発電所タービン建屋地
下1階の滞留水に関し、地下および海中への漏えいおよび安全確認のためサブドレ
ンのサンプリングの実施や海水のサンプリングの強化について助言をいただいてお
り、当社として、取り組みを進めているところです。

サブドレンのサンプリング調査については、4月14日の原子力安全・保安院から
の指示に基づき、今後、1週間に3回実施することとし、結果については、翌日と
りまとめてお知らせすることとしております。
(お知らせ済み)

福島第一原子力発電所のタービン建屋付近のサブドレン(施設内で集水・管理さ
れた地下水)について、4月27日にサンプリングを行い、放射性物質の核種分析を
行った結果、別紙の通り、放射性物質が検出されたことから、本日、原子力安全・
保安院ならびに福島県へ連絡いたしました。

以 上

添付資料
・添付資料1:福島第一 サブドレン等核種分析結果(PDF 10.3KB)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/betu11_j/images/110428n.pdf
・添付資料2:1F放射能濃度(PDF 20.6KB)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/betu11_j/images/110428n.pdf

http://www.tepco.co.jp/cc/press/11042806-j.html
福島第一原子力発電所2号機取水口付近からの放射性物質を含む液体の海への流出について(続報24)
平成23年4月28日
東京電力株式会社

平成23年4月2日、午前9時30分頃、2号機の取水口付近にある電源ケーブルを
納めているピット*内に1000ミリシーベルト/時を超える水が貯まっていること、
およびピット側面のコンクリート部分に長さ約20センチメートルの亀裂があり、当
該部分よりピット内の水が海に流出していることを発見いたしました。その後、午
後0時20分頃、再度、同状況を現場にて確認いたしました。
ピット内の水およびピット近傍のバースクリーン前の海水のサンプリングを実施
し、福島第二原子力発電所へ送って分析しています。

4月6日、午前5時38分頃、ピット側面のコンクリート部分からの海への流出が
止まったことを確認いたしました。現在、止水状況をさらに完全なものとするため、
当該箇所に漏水防止のための補強を施し、凝固剤注入の継続を含めた今後の対策を
検討してまいります。また、2号機タービン建屋内の水位に変化がないことを確認
しております。今後、その他の漏えいの有無を確認してまいります。

4月5日より、ピット内の水およびピット近傍のバースクリーン前等の海水につ
いて、サンプリング調査を行っておりますが、本調査結果におけるヨウ素-131、セ
シウム-134、セシウム-137の3核種については確定値としてお知らせすることとし、
その他の核種については、4月1日の原子力安全・保安院による厳重注意を受けて
策定した再発防止に係る方針に基づき、今後、再評価を実施することとしておりま
す。

4月12日より、シルトフェンスの設置に伴い、サンプリング箇所を4号機バース
クリーン前から1~4号機取水口内南側、北側へ変更しており、4月17日からは、
シルトフェンスの設置による影響を確認するため、2号機バースクリーン前のシル
トフェンスの外側においてもサンプリング調査を実施しております。
(お知らせ済み)

平成23年4月27日、ピット内の水およびピット近傍のバースクリーン前等の海水
について、サンプリングを行い、放射性物質の核種分析を行った結果、別紙の通り、
放射性物質が検出されたことから、本日、分析結果をとりまとめて、原子力安全・
保安院ならびに福島県へ連絡いたしました。

以 上

*ピット
コンクリート製の立坑

添付資料
・別紙:物揚場前、2号機スクリーン、1~4号機取水口内 海水核種分析結果(PDF 10.9KB)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/betu11_j/images/110428k.pdf
・参考:海水放射能濃度(PDF 20.9KB)http://www.tepco.co.jp/cc/press/betu11_j/images/110428l.pdf

http://www.tepco.co.jp/cc/press/11042805-j.html
福島第一原子力発電所付近の海水からの放射性物質の検出について(第三十六報)
平成23年4月28日
東京電力株式会社

平成23年3月21日、周辺環境のモニタリングの一環として、東北地方太平洋沖地
震で被災した福島第一原子力発電所の放水口付近(南側)において、海水に含まれ
る放射性物質のサンプリング調査を行った結果、放射性物質が検出されたことから、
原子力安全・保安院ならびに福島県へ連絡いたしました。
3月22日より、福島第一原子力発電所沿岸部におけるサンプリングについては、
4箇所(うち2箇所については、3月26日より、1日各2回実施)で実施しており
ます。

また、4月26日より、福島第一原子力発電所の沖合3km地点6箇所、沖合8km地
点2箇所、沖合15km地点6箇所でサンプリングを実施しており、その評価結果もあ
わせて連絡しております。

なお、本調査結果におけるヨウ素-131、セシウム-134、セシウム-137の3核種に
ついては確定値としてお知らせすることとし、その他の核種については、4月1日
の原子力安全・保安院による厳重注意を受けて策定した再発防止に係る方針に基づ
き、今後、再評価を実施することとしております。
(お知らせ済み)

平成23年4月27日、福島第一原子力発電所で検出された放射性物質の海洋への拡
散を評価するためサンプリング調査を行い、別紙のとおり、放射性物質が検出され
たことから、本日、原子力安全・保安院ならびに福島県へ連絡いたしました。

なお、昨日の沖合14箇所ついては、悪天候の影響により、サンプリングを見送っ
ております。

今後も、同様のサンプリング調査を実施することとしております。

以 上

添付資料
・海水核種分析結果(PDF 11.2KB) http://www.tepco.co.jp/cc/press/betu11_j/images/110428i.pdf
・海水放射能濃度(Bq/cm3)(PDF 48.4KB) http://www.tepco.co.jp/cc/press/betu11_j/images/110428j.pdf

福島第一原子力発電所敷地内における空気中の放射性物質の核種分析の結果について(第三十四報)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/11042804-j.html
平成23年4月28日
東京電力株式会社

平成23年3月22日、周辺環境のモニタリングの一環として、東北地方太平洋沖地
震で被災した福島第一原子力発電所の敷地内において採取した空気中に含まれる放
射性物質の核種分析を行った結果、放射性物質が検出されたことから、分析結果を
とりまとめて、原子力安全・保安院ならびに福島県へ連絡いたしました。

なお、本調査結果におけるヨウ素-131、セシウム-134、セシウム-137の3核種に
ついては確定値としてお知らせすることとし、その他の核種については、4月1日
の原子力安全・保安院による厳重注意を受けて策定した再発防止に係る方針に基づ
き、今後、再評価を実施することとしております。
(お知らせ済み)

平成23年4月27日、福島第一原子力発電所の敷地内において、同日に採取した空
気中に含まれる放射性物質の核種分析を行った結果、別紙の通り、放射性物質が検
出されたことから、本日、分析結果をとりまとめて、原子力安全・保安院ならびに
福島県へ連絡いたしました。

今後も、同様のサンプリング調査を実施することとしております。

以 上

添付資料:発電所敷地内における空気中放射性物質の核種分析結果(PDF 10.9KB)
参考資料1:福島第一 ダスト核種分析結果(PDF 13.8KB)
参考資料2:福島第二 ダスト核種分析結果(PDF 14.6KB)

立坑当社福島第一原子力発電所の放射線業務従事者の線量限度を超える被ばくに係る原因究明及び再発防止対策の策定等に関する指示文書の受領について
http://www.tepco.co.jp/cc/press/11042712-j.html
平成23年4月27日
東京電力株式会社

当社は、本日、経済産業省原子力安全・保安院より、「福島第一原子力発電所の
放射線業務従事者の線量限度を超える被ばくに係る原因究明及び再発防止対策の策
定等について(指示)」の指示文書*を受領いたしました。

当社といたしましては、この指示に基づき、原因の究明及び再発防止策の策定な
らびに福島第一原子力発電所における放射線管理体制の検証及びこれを踏まえた対
策の策定を速やかに行うとともに、その内容を取りまとめ、同院へ報告いたします。

* 指示文書
福島第一原子力発電所の放射線業務従事者の線量限度を超える被ばくに係る原
因究明及び再発防止策の策定について(指示)
平成23・04・27原院第4号
平成23年4月27日

原子力安全・保安院(以下「当院」という。)は、平成23年4月27日、貴社から、
平成23年東北地方太平洋沖地震発生後の作業に従事していた者(女子)1名につい
て、同年1月1日から3月31日(第4四半期)までの実効線量が、実用発電用原子
炉の設置、運転等に関する規制(昭和53年通商産業省令第77号)第9条第1項第1
号に基づく実用発電用原子炉の設置、運転等に関する規則の規定に基づく線量限度
等を定める告示(平成13年経済産業省告示第187号)第6条第1項第3号に定める
線量限度(5ミリシーベルト/3か月)を超えている旨の報告を受けました。
このため、当院は、貴社に対し、厳重に注意するとともに、原因の究明及び再発
防止策の策定並びに福島第一原子力発電所における放射線管理体制の検証及びこれ
を踏まえた対策の策定を行い、平成23年5月2日までに、当院に報告することを指
示します。

以 上

福島第一原子力発電所1~3号機における格納容器雰囲気モニタ計測値に基づく炉心損傷割合の推定値の訂正について

平成23年4月27日
東京電力株式会社

平成23年4月18日より当社ホームページ上に掲載している福島第一原子力発電所各号機のプラント関連パラメータについて、データの一部に誤りがあることを原子力安全・保安院より指摘を受けたことから、現在、データの確認作業を行っております。
(平成23年4月24日お知らせ済み)

この確認作業において、格納容器雰囲気モニタ(以下、CAMS)*1計測値の一部に誤りがあったことを確認いたしました。CAMS計測値は、福島第一原子力発電所1~3号機の炉心損傷割合*2の推定に使用している重要なデータであることから、本日、原子力安全・保安院に報告いたしました。

データの誤りを確認した箇所は、参考資料のとおりです。

参考資料1:福島第一原子力発電所1~3号機におけるCAMS計測値および炉心損傷割合の訂正表(PDF 73.5KB)
参考資料2:福島第一原子力発電所1~3号機の炉心損傷割合(PDF 251KB)

以 上

*1 格納容器雰囲気モニタ(以下、CAMS)
冷却材喪失事故後の格納容器内(ドライウェル側、ウェットウェル側)の放射線の監視を行うもの。
*2 炉心損傷割合
炉心内の全燃料棒(燃料被覆管)のうち、温度上昇などによって損傷した燃料棒(被覆管)の割合。

福島第一原子力発電所構内における土壌中の放射性物質の核種分析の結果について(続報5)

平成23年4月27日
東京電力株式会社

周辺環境のモニタリングの一環として、東北地方太平洋沖地震で被災した福島第一原子力発電所の敷地内(5地点)において、平成23年3月21日および22日に採取した土壌中に含まれるプルトニウムの分析を行った結果、プルトニウム238、239、240が検出されましたので、お知らせいたしました。
(お知らせ済み)

定例的に試料の採取を行うこととしている3地点での平成23年4月14日の採取分について、土壌中に含まれるプルトニウムの分析を行った結果、別紙1の通り、プルトニウム238、239、240が検出されました。
加えて、同試料にて、土壌中に含まれるガンマ線の核種分析を行った結果、別紙2の通り、放射性物質が検出されました。
また、定例的に試料の採取を行うこととしている3地点での3月28日の採取分にプルトニウムが検出された2点について、土壌中に含まれるアメリシウムおよびキュリウムの分析を行った結果、アメリシウム241、キュリウム242、243、244が検出
されました。
以上の分析結果について、本日、とりまとめて原子力安全・保安院ならびに福島県に連絡いたしました。

今後も、同様のサンプリング調査を実施することとしております。
以 上

別紙1:福島第一原子力発電所 土壌中のPu測定結果(PDF 8.52KB)
別紙2:土壌ガンマ線核種分析結果(PDF 10.7KB)
別紙3:福島第一原子力発電所 土壌中のAm,Cmの測定結果(PDF 11.2KB)

福島第一原子力発電所2号機取水口付近からの放射性物質を含む液体の海への流出について(続報23)

平成23年4月27日
東京電力株式会社

平成23年4月2日、午前9時30分頃、2号機の取水口付近にある電源ケーブルを納めているピット*内に1000ミリシーベルト/時を超える水が貯まっていること、およびピット側面のコンクリート部分に長さ約20センチメートルの亀裂があり、当該部分よりピット内の水が海に流出していることを発見いたしました。その後、午後0時20分頃、再度、同状況を現場にて確認いたしました。
ピット内の水およびピット近傍のバースクリーン前の海水のサンプリングを実施し、福島第二原子力発電所へ送って分析しています。

4月6日、午前5時38分頃、ピット側面のコンクリート部分からの海への流出が止まったことを確認いたしました。現在、止水状況をさらに完全なものとするため、当該箇所に漏水防止のための補強を施し、凝固剤注入の継続を含めた今後の対策を検討してまいります。また、2号機タービン建屋内の水位に変化がないことを確認しております。今後、その他の漏えいの有無を確認してまいります。

4月5日より、ピット内の水およびピット近傍のバースクリーン前等の海水について、サンプリング調査を行っておりますが、本調査結果におけるヨウ素-131、セシウム-134、セシウム-137の3核種については確定値としてお知らせすることとし、その他の核種については、4月1日の原子力安全・保安院による厳重注意を受けて策定した再発防止に係る方針に基づき、今後、再評価を実施することとしております。

4月12日より、シルトフェンスの設置に伴い、サンプリング箇所を4号機バースクリーン前から1~4号機取水口内南側、北側へ変更しており、4月17日からは、シルトフェンスの設置による影響を確認するため、2号機バースクリーン前のシルトフェンスの外側においてもサンプリング調査を実施しております。
(お知らせ済み)

平成23年4月26日、ピット内の水およびピット近傍のバースクリーン前等の海水について、サンプリングを行い、放射性物質の核種分析を行った結果、別紙の通り、放射性物質が検出されたことから、本日、分析結果をとりまとめて、原子力安全・保安院ならびに福島県へ連絡いたしました。

以 上
*ピット
コンクリート製の立坑

添付資料
別紙:物揚場前、2号機スクリーン、1~4号機取水口内 海水核種分析結果(PDF 11.4KB )
参考:海水放射能濃度(PDF 21.5KB)

福島第一原子力発電所敷地内における空気中の放射性物質の核種分析の結果について(第三十三報)

平成23年4月27日
東京電力株式会社

平成23年3月22日、周辺環境のモニタリングの一環として、東北地方太平洋沖地震で被災した福島第一原子力発電所の敷地内において採取した空気中に含まれる放射性物質の核種分析を行った結果、放射性物質が検出されたことから、分析結果をとりまとめて、原子力安全・保安院ならびに福島県へ連絡いたしました。

なお、本調査結果におけるヨウ素-131、セシウム-134、セシウム-137の3核種については確定値としてお知らせすることとし、その他の核種については、4月1日の原子力安全・保安院による厳重注意を受けて策定した再発防止に係る方針に基づき、今後、再評価を実施することとしております。
(お知らせ済み)

平成23年4月26日、福島第一原子力発電所の敷地内において、同日に採取した空気中に含まれる放射性物質の核種分析を行った結果、別紙の通り、放射性物質が検出されたことから、本日、分析結果をとりまとめて、原子力安全・保安院ならびに福島県へ連絡いたしました。

今後も、同様のサンプリング調査を実施することとしております。

以 上

添付資料:発電所敷地内における空気中放射性物質の核種分析結果(PDF 67.4KB)
参考資料1:福島第一 ダスト核種分析結果(PDF 37.9KB)
参考資料2:福島第二 ダスト核種分析結果(PDF 38.7KB)

福島第一原子力発電所付近の海水からの放射性物質の検出について(第三十五報)
平成23年4月27日
東京電力株式会社

平成23年3月21日、周辺環境のモニタリングの一環として、東北地方太平洋沖地震で被災した福島第一原子力発電所の放水口付近(南側)において、海水に含まれる放射性物質のサンプリング調査を行った結果、放射性物質が検出されたことから、原子力安全・保安院ならびに福島県へ連絡いたしました。
3月22日より、福島第一原子力発電所沿岸部におけるサンプリングについては、4箇所(うち2箇所については、3月26日より、1日各2回実施)で実施しております。

また、4月17日より、福島第一原子力発電所の沖合3km地点4箇所、沖合8km地点2箇所、沖合15km地点6箇所でサンプリングを実施しており、その評価結果もあわせて連絡しております。

なお、本調査結果におけるヨウ素-131、セシウム-134、セシウム-137の3核種については確定値としてお知らせすることとし、その他の核種については、4月1日の原子力安全・保安院による厳重注意を受けて策定した再発防止に係る方針に基づき、今後、再評価を実施することとしております。
(お知らせ済み)

平成23年4月26日、福島第一原子力発電所で検出された放射性物質の海洋への拡散を評価するためサンプリング調査を行い、別紙のとおり、放射性物質が検出されたことから、本日、原子力安全・保安院ならびに福島県へ連絡いたしました。

なお、昨日より、沖合におけるサンプリング箇所について、これまで実施してきた12箇所に3km地点2箇所を加えて、計14箇所でのサンプリングを予定しておりましたが、悪天候の影響により7箇所での実施となっております。

今後も、同様のサンプリング調査を実施することとしております。
以 上

添付資料
海水核種分析結果(PDF 75.3KB)
海水放射能濃度(Bq/cm3)(PDF 10.4KB) 
沿岸 海水放射能濃度(Bq/cm3)(PDF 47.2KB)
沖合 海水放射能濃度(Bq/cm3)(PDF 50.8KB)

「福島原子力補償相談室」ならびに「補償相談センター(コールセンター)」の開設について
平成23年4月27日
東京電力株式会社

当社は、このたびの事故による原子力損害の補償について、ご相談を承る「福島原子力補償相談室」を、4月28日付で開設いたします。併せて、同相談室内に仮払補償金のお支払いを含む原子力損害の補償のご相談・受付等を行う「補償相談センター(コールセンター)」とともに、ご訪問相談等を行う地域拠点相談センターを同日付で開設いたします。

このたびの事故により、広く社会の皆さまに大変なご迷惑とご心配をおかけしていることを、心からお詫び申し上げます。

以 上

<補償に関するご相談>
-------------------------------------
福島原子力補償相談室(コールセンター)
開設日:平成23年4月28日(木)
電話番号:0120-926-404
受付時間:午前9時~午後9時
[書類郵送先]
〒105-8730 郵便事業株式会社 芝支店 私書箱78号
(東京都千代田区内幸町一丁目1番3号)
*原子力損害の被害概況に関する書類のご郵送・相談は、上記コールセンターまで
ご連絡をお願いいたします。
なお、当社ホームページでも書類を印刷してご利用いただけます。
(http://www.tepco.co.jp/)※4月28日午前9時より
-------------------------------------

別紙:新組織体制と補償ご相談のフロー(PDF 103KB)

福島第一原子力発電所における当社職員の被ばく線量限度の超過について
平成23年4月27日
東京電力株式会社

当社は、福島第一原子力発電所における緊急時作業にかかる被ばく線量の確定作業*1について、順次実施しておりますが、平成23年4月27日、東北地方太平洋沖地震発生後の作業に従事していた女性職員1名について、平成23年1月1日を始期とする3月までの実効線量(平成22年度第4四半期分)が17.55ミリシーベルトであり、法令に定める線量限度*2(5ミリシーベルト/3ヶ月)を超えていることを確認しました。

当該の女性職員については、医師による診察の結果、健康への影響はないことを確認しております。

また、3月23日以降、福島第一原子力発電所構内で女性職員を勤務させない運用としております。

なお、第4四半期分の被ばく線量の確定作業は、現在も継続中です。

以 上

*1 被ばく線量の確定作業
作業に伴う被ばく線量に、免震重要棟内に滞在中の被ばく線量を評価・加算するとともに、内部被ばくの預託実効線量を評価する作業。

*2 法令に定める線量限度
実用発電用原子炉の設置、運転等に関する規則第9条第1項第1号
放射線業務従事者の線量が経済産業大臣の定める線量限度を超えないようにする旨を規定。

電離放射線障害防止規則第4条第2項
電離放射線障害防止規則第4条第2項に基づく線量限度等を定める告示第6
条第3項
女性の放射線業務従事者が受ける実効線量について、3ヶ月間で5ミリシーベルトを超えないようにしなければならない旨を規定。

◆東北地方太平洋沖地震による影響などについて
【午前9時現在】
平成23年4月27日
東京電力株式会社

平成23年3月11日に発生いたしました三陸沖を震源とする東北地方太平洋沖地震により、当社の原子力発電所をはじめとした設備等が大きな被害を受けるなかで、立地地域の皆さまをはじめ、広く社会の皆さまに大変なご心配とご迷惑をおかけしておりますことに対し、心よりお詫び申しあげます。
また、福島第一原子力発電所の事故に関し、4月17日、事故の収束に向けた、当面の道筋を取りまとめました。原子炉および使用済燃料プールの安定的冷却状態を確立し、放射性物質の放出を抑制することで、避難されている方々のご帰宅の実現および国民の皆さまが安心して生活いただけるよう全力で取り組んでまいります。

当社設備への主な影響について、以下の通りお知らせいたします。
※下線部が新規事項

【原子力発電所】
・福島第一原子力発電所 1~3号機 地震により停止中 (4~6号機は定期検査中)

※4月26日午後4時50分、コンクリートポンプ車により4号機の使用済燃料プールへの放水を開始。同日午後8時35分終了。

・福島第二原子力発電所 1~4号機 地震により停止中
・柏崎刈羽原子力発電所 1、5、6、7号機は通常運転中 (2~4号機は定期検査中)

【火力発電所】
・広野火力発電所 2、4号機 地震により停止中
・常陸那珂火力発電所 1号機 地震により停止中

【水力発電所】
・電気の供給については、すべて復旧済み
(ただし、設備損傷箇所については、適時対応中)

【流通設備等への影響】
・電気の供給については、すべて復旧済み
(ただし、設備損傷箇所については、適時対応中)

【計画停電の原則不実施と節電のお願いについて】
東北地方太平洋沖地震により原子力発電所、火力発電所の多くが被害を受け停止したことから、現在、供給力の復旧・確保に全力で取り組んでおりますが、お客さま各位の節電へのご関心、ご協力が広範囲にわたって浸透してきた結果、需給バランスは著しく改善を見せております。
こうした状況を踏まえた当面の需給見通しに基づき、基調として需給バランスが維持されることから、当社は、計画停電を「原則不実施」とすることといたしました。
なお、突発的な気象の変化等により電力需要が急増する可能性、あるいは、復旧する発電所をはじめとした設備トラブルの発生も考えられることから、お客さまにおかれましては、引き続き節電への取組みを継続していただきますよう、お願いいたします。万が一、需給逼迫が予想される場合には、予めお知らせした上で、やむを得ず計画停電を実施することもあり得ますので、何卒ご理解、ご協力のほどよろしくお願いいたします。
また、当社といたしましては、計画停電の「原則不実施」を、夏期においても継続することを目指してまいります。

以 上

添付資料
・過去の実績(PDF 254KB)

東北地方太平洋沖地震による影響などについて
【午後3時現在】
平成23年4月26日
東京電力株式会社

平成23年3月11日に発生いたしました三陸沖を震源とする東北地方太平洋沖地震により、当社の原子力発電所をはじめとした設備等が大きな被害を受けるなかで、立地地域の皆さまをはじめ、広く社会の皆さまに大変なご心配とご迷惑をおかけしておりますことに対し、心よりお詫び申しあげます。
また、福島第一原子力発電所の事故に関し、4月17日、事故の収束に向けた、当面の道筋を取りまとめました。原子炉および使用済燃料プールの安定的冷却状態を確立し、放射性物質の放出を抑制することで、避難されている方々のご帰宅の実現および国民の皆さまが安心して生活いただけるよう全力で取り組んでまいります。

当社設備への主な影響について、以下の通りお知らせいたします。
※下線部が新規事項

【原子力発電所】
・福島第一原子力発電所 1~3号機 地震により停止中 (4~6号機は定期検査中)

※4月26日、3号機使用済燃料プールの水位を確認するためにコンクリートポンプ車による放水を実施(2分間程度)した後、同日午後0時25分、燃料プール冷却材浄化系を用いた注水実施。午後2時2分終了。

※将来的な電力供給容量増大、絶縁の強化等に向け、3、4号機用外部電源を6,600ボルトから66,000ボルトに昇圧する工事の実施に伴い、4月26日、3、4号機の電源を、一時的に従来の「大熊線」から「東電原子力線」に切り替えるための準備作業中。

※4月26日午後1時30分頃より、無人クローラーダンプにより、1~4号機海側に、地面の放射性物質の飛散を防ぐ飛散防止剤を本格的に散布。

※4月26日午前11時35分~午後1時24分、遠隔操作ロボットによる1号機原子炉建屋内の現場確認を実施し、前回の調査から原子炉建屋内の放射線量に大きな変化がないこと、ならびに原子炉格納容器から有意な水漏れがないことを確認。

・福島第二原子力発電所 1~4号機 地震により停止中

・柏崎刈羽原子力発電所 1、5、6、7号機は通常運転中  (2~4号機は定期検査中)

【火力発電所】
・広野火力発電所 2、4号機 地震により停止中
・常陸那珂火力発電所 1号機 地震により停止中

【水力発電所】
・電気の供給については、すべて復旧済み
(ただし、設備損傷箇所については、適時対応中)

【流通設備等への影響】
・電気の供給については、すべて復旧済み
(ただし、設備損傷箇所については、適時対応中)

【計画停電の原則不実施と節電のお願いについて】
東北地方太平洋沖地震により原子力発電所、火力発電所の多くが被害を受け停止したことから、現在、供給力の復旧・確保に全力で取り組んでおりますが、お客さま各位の節電へのご関心、ご協力が広範囲にわたって浸透してきた結果、需給バランスは著しく改善を見せております。
こうした状況を踏まえた当面の需給見通しに基づき、基調として需給バランスが維持されることから、当社は、計画停電を「原則不実施」とすることといたしました。

なお、突発的な気象の変化等により電力需要が急増する可能性、あるいは、復旧する発電所をはじめとした設備トラブルの発生も考えられることから、お客さまにおかれましては、引き続き節電への取組みを継続していただきますよう、お願いいたします。万が一、需給逼迫が予想される場合には、予めお知らせした上で、やむを得ず計画停電を実施することもあり得ますので、何卒ご理解、ご協力のほどよろしくお願いいたします。また、当社といたしましては、計画停電の「原則不実施」を、夏期においても継続することを目指してまいります。

以 上
過去の実績(PDF 212KB)

広告
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。