ホーム > 福島第一原発事故 資料 > 福島第一原発(1~6号機の基本情報)

福島第一原発(1~6号機の基本情報)

◎マトリックス表   ***最終更新日2011.04.24 ***

+事故発生当日から約10日間までの動き

/////////////////

1号機

2号機

3号機

4号機

5号機

6号機

営業開始

1971.03

1974.07

1976.03

1978.10

1978.04

1979.10

国産化率(%)

56%

53%

91%

91%

93%

63%

主契約者

GE

GE・東芝

東芝

日立

東芝

GE・東

建設工事費(円)

約390億

約560億

約620億

約800億

約900億

約1750億

炉型

BWR3

BWR4

BWR4

BWR4

BWR4

BWR5

出力(千kW)

460

784

784

784

784

1,00

熱出力(千kW)

1,389

2,381

2,381

2,381

2,381

3,293

プール水量(t)

1,750t

2,980t

2,980t

2,980t

2,980t

3,200t

核燃料棒総数

292本

587本

548本

1331本

826本

876本

※1~6号機とは別の建屋の使用済燃料専用プールに、核燃料棒総数6,375本

燃料タイプ1

高燃焼8×8

9×9(B型)

9×9(A型)

9×9(B型)

9×9(B型)

9×9(B型)

燃料タイプ2

9×9(B型)

MOX8×8

3.11事故当日からその後約10日までの状況

3.11自動停止

点検停止

点検停止

点検停止

3.11外部電源

×

×

×

×

×

×

3.11冷却装置  ×  ×  ×  ×  ×  ×
格納容器損傷  3.15水素爆発圧力制御室
燃料棒露出損傷  70%  33%  露出
水位・水温
火災  3.20黒煙  3.15,16
爆発  3.12水素で建屋損傷  3.14水素で建屋損傷
その他処置など  3.12ベント/3.1xより海水注入/3.17電源復旧オペ開始  3.1xり海水注入/3.17電源復旧オペ開始  3.1xより海水注入+ホウ素/3.22電源復旧オペ開始 3.1xより 海水注入/3.21受電確認  建屋穴あけ水素滞留防止用/3.1x外部電源復旧+3.19残留熱除去ポンプ起動  建屋穴あけ水素滞留防止用/3.1x外部電源復旧+3.1x 非常用ディーゼル修理官僚

kaba3

広告
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。