アーカイブ

Archive for 4月 21, 2011

【小出先生Script書き起こし】 4/20ラジオ出演、文科省、福島非難地域外学校に向けた通達

***最終更新:2011.04.22 ***

=== 多少の違いはご容赦願います ===
・Situation  :関西ラジオ番組、京大原子炉実験所 助教 小出裕章氏出演
・フォーカス  :  (1)文部科学省通、福島県内避難地域指定外の保育園、幼稚園、小中学校の屋外活動を制限を通達 一時間あたり3.8マイクロシーベルトに上限を設定
・動画タイトル : 福島第一原発事故:小出裕章 2011.4.20
・動画オーナー: LunaticEclipseJapan7 さん
・動画アップロード場所: Youtube  http://www.youtube.com/watch?v=zTXBXclxP5Y
・録画時間   : 約14分
・アップロード日 :  2011.4.20
・聞き起こし   : by tourkaba3
・記録方法    :  対話形式、ナンバリング入り [001] から [075] まで

‐ ‐ ‐ ここから ‐ ‐ ‐

〇[001]女性プ司会者:「福島の原発に近い地域の子供たちをいかにして放射性物質から守るか」という話なのですが。

〇[002]小出先生: はい。

〇[003]女性プ司会者: 文部科学省がある通知 (※注: 文部科学省、学校活動の暫定基準 年間20ミリシーベルト 毎時3.8マイクロシーベルト )を出しました。これはですね、福島県内の幼稚園や保育園の小中学校の校舎などを、普通に利用するときの放射線の量の限界を決めたのですね。これが一時間あたり3.8マイクロシーベルト(μSv)という値なのですが、これについて小出先生はどんなふうに思われますか?

〇[004]小出先生: 驚きました。

〇[005]女性司会者: 驚きましたとは、どういう意味の驚きでしょうか?

続きを読む…

広告

被曝保護方策ノート その1 (4/30更新) ** renewal versionを新しいポストで作成中5.22**

1.素人的に考える一日の総被曝線量の計算方法

政府から被曝量の計算方法がきちんと公開されないからで自分で考えてみる。まずは、

ざっくり計算方法なら、中部大学武田先生のHP ”原発 緊急情報(52) 子供の目線で” を参照。
◆「放射線量しきい値と身体への影響の基本的な考え方」についてはこちらを参照 → 「国・東電・全てのマスコミが口を揃える理由 – ICRPの欠陥」   目からウロコの薬学生さんのブログ。線量以外に密度という考え方を提起している。

さて、一日の総被曝線量は、内部被曝と外部被曝、①飲む+食べる、②呼吸(空気を吸う)、③外部被曝量、とそれぞれ各被ばく経路別に算出された数値の和の加算にて求められるはず。

すなわち、(A)一日の積算被曝量 =  (B) 内部ひばく ( ①経口被曝(飲食) ② 吸収被曝(呼吸)+③経皮被曝 )  (C) 外部被曝 

この式を細かく因数分解したものが、さまざまな専門機関のWEBページでに紹介されている被曝線量計算式と思われるが、これがばらばらに公開されているので分かりにくい。その式とは・・・

(A) 経口被曝量(内部被曝)の計算式

ア)調理による減少を考慮したもの)
預託実効線量H(mSv) = 0.001  x  飲食物摂取量(単位:g/日)  × 摂取日数(単位:日) ×  実効線量係数(単位:mSv/Bq) (核種係数表外部リンク)  ×  放射能濃度(単位:Bq/kg) × 市場希釈係数 × 調理等による減少補正

※↓一部核種の係数表

続きを読む…